「ほっ」と。キャンペーン

ねずみ・背のびする   

a0030594_22282846.jpg
a0030594_2230777.jpg三連休の最終日は、心に栄養を補給してきました。
ほんの少しだけ背のびするために。

「小倉遊亀展」
2/18(木)~4/4(日)
兵庫県立美術館

「絵画の庭ーゼロ年代日本の地平から」
1/16(土)~4/4(日)
中ノ島国立国際美術館
小倉遊亀さんは、なんと105歳まで絵筆をとって創作しているのです。
とても真似はできませんが、気持ちだけはそのつもりで。

「絵画の庭」では世界的に注目されている奈良美智さんをはじめ、日本の気鋭の作家さんから新しい息吹をいただきました。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2010-03-22 22:28 | 絵てがみc | Comments(4)

Commented by mu-2008 at 2010-03-23 08:18
小倉遊亀さんの日本画。。。いいですよね。
また会いたくなるような絵です。

今日は、どんな日になるのかな。
Commented by ふぅふぅc at 2010-03-23 23:56 x
>ムッチャン
日本画は昔からあまり興味がなくて展覧会にはめったに行きません。
それでも小倉遊亀さんの絵はよかったですよ。
ひとつのところにとどまらないのがいいですね。
Commented by うとうと at 2010-03-24 23:42 x
小倉遊亀さんの絵 好きです。
晩年 マンゴを描かれている時の番組を見たことがあります。
納得するまで 時間を掛けていらっしゃいました。
それだけに 凝縮された重厚な絵になっていたと 思います。
堀文子さんのも 好きですよぉ♪
Commented by ふぅふぅc at 2010-03-26 00:12 x
>うとうとさん
絵手紙ではありえないのですが作品を描く前に下絵を描くようで、それも展示されていて興味深かったです。

堀文子さんの展も近くの香雪美術館で始まったのは知っていたのですが時間が無くて断念しました。

<< 赤いパンツの鬼っこどん 土の子・海の底には >>