「ほっ」と。キャンペーン

夏のミニシリーズ・蝉の朝3   

a0030594_2261128.jpg

ぼくの父は銃剣の教師、職業軍人であったらしい。
父の口からそんな話は聞かずに
(父は)墓場にはいってしまった。


今日は長崎原爆の日でした。
65年前の朝、長崎で蝉は鳴いていたのでしょうか。
戦争のこと、平和のしあわせ、いろんなことを考えるきっかけになってもらえればうれしいです。
このミニシリーズはこれでおしまい。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2010-08-09 22:06 | 絵てがみc | Comments(0)

<< 中川一政 「裸の字」 夏のミニシリーズ・蝉の朝2 >>