「ほっ」と。キャンペーン

常滑焼のねこ   

a0030594_22132629.jpg

う~ん、だめですね。
これでは、塗り絵です。絵が死んでます。

絵手紙を始めて9年。今月からはもう10年目に入ったというのに、なかなか自分の満足する絵手紙が出来ません。

モデルは絵手紙仲間のKさんからいただいた常滑焼のねこ。
Kさんにお礼の絵手紙をと思って、余計な意識が働いてますね。

上手が無くてもいいけど、生きた絵が描きたいな。
絵手紙って難しい。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2011-07-03 22:13 | 絵てがみc | Comments(6)

Commented by aki-milk at 2011-07-04 05:47
「活きた言葉」
イイですね~~~^^
絵がイマイチ・・・自信がない時こそ!「活きた言葉」が大切ですよね。
素敵です~~~☆
Commented by mu-2008 at 2011-07-04 09:19
活きてないと。。。分かります。

ふぅふぅさんの絵手紙暦と我が家の結婚暦が一緒
なんだか嬉しい発見です。
2002年からなんですね。
Commented by rringonoki at 2011-07-04 21:09
うまく描こうなんて 思うと かけないんです

上手な絵を 求めるなら 絵手紙以外の
ジャンルで いいのではと 思います

やはり 相手を 思って描く
それが 一番かな

言葉も 活きた言葉  ですね
Commented by ふぅふぅc at 2011-07-05 21:53 x
>aki-milkさん
こんばんは
絵手紙は絵と言葉があって成り立っています。
生きた絵も活きた言葉も言うのは簡単ですが難しいですね。
Commented by ふぅふぅc at 2011-07-05 21:56 x
>ムッチャン
そうなんだ!ちょっと、びっくり。
まだ新婚さんなんだね(笑)
僕たちの結婚は1975年!!なんと
Commented by ふぅふぅc at 2011-07-05 21:59 x
>りんごさん
こんばんは
誰にも簡単に楽しめるのが絵手紙のいいところですよね。
でも僕は、絵手紙にも他の芸術に負けない可能性があると思っています。

<< 道後温泉に 一行三昧 >>