柳宗悦展へ~木喰仏

a0030594_233082.png


a0030594_23314647.png今日は現在大阪歴史博物館で開催中の「柳宗悦展~暮らしへの眼差し」に出かけてきました。

白樺同人から始まり、木喰仏の発見、朝鮮の焼物や全国の職人の作り出す美の紹介、棟方志功や河井寛治郎のバッアップなど民芸という美と共に生き抜いた柳宗悦の世界を一望することができます。
よく練られた内容の展示会だとおもいました。
木喰仏は宗悦によって再発見され広く知られるようになったのですね。

その後は天満橋の額縁やの天遊さんへ。
「絵手紙フェスティバル2012」の準備です。
偶然、安川眞慈先生にお会いしました。

「絵手紙フェスティバル2012」
前期 2/2(木)~9(木) 10:30~17:30
後期 2/16(木)~23(木) 10:30~17:30
会場 大崎ウエストギャラリー
 僕たちは後期に参加いたします。ぜひご覧ください。
(ふぅふぅc)
[PR]
Commented by tanabata57 at 2012-01-29 10:55
素朴で温かみのある像ですね
東京・世田谷に宗悦の収集したものが展示してある民芸館があります
2度いきましたが大津絵、沖縄の織物の展示の時でした
又機会があったら行きたいと思っています
Commented by ふぅふぅc at 2012-01-30 00:17 x
>ばあらさん
こんばんは
この展覧会は、その日本民藝館の75周年記念だったようです。
宗悦はクリエイターではなかったけれど、偉大なプロデューサーということでしょうか。
by choakuta | 2012-01-28 23:30 | 絵てがみc | Comments(2)