美・ひろがり   

a0030594_22364682.png

絵手紙フェスティバル後期展で大きな力作を出展されたAさんから絵手紙をいただきました。
当日も、お名前だけは存じ上げていたのですが、とご挨拶をいただき、家内に聞くと有名な先生だそうでとても恐縮しています。
「ギャラリー通信」に寄稿したり、このブログなどで名前だけが独り歩きしているのかもしれませんね(笑)
早速、お名前からこの「美」の字手紙をお送りしたいとおもいます。
こちらも

これも絵手紙フェスティバルの時にSさんからお聞きしたのですが、敬愛する鈴木榮重先生が本を出版されます。その時にご希望されたのが、北川さんの本みたいなのがいいな、とおっしゃっていたとか。
うれしい!
榮重先生とは、今年は期が別でしたが去年まで絵手紙フェスティバルでご一緒させていただきました。
”小さくまとまったらだめだよ”とアドバイスをいただいき、いまもそれを胸に刻んでいます。

絵手紙フェスティバルで、新しい出会い、絵手紙の輪のひろがりをいただきました。
出展者ではありましたが感謝の気持ちでいっぱいです。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2012-02-28 22:37 | 文字アート | Comments(0)

<< 土の子・少女像 ひびたまご・人間らしいということ >>