アンテスとカチーナ人形   

a0030594_22533960.jpgドイツの画家アンテスと彼が蒐集した北米先住民族ホピ族の精霊カチーナ人形の展示会が12日まで伊丹市立美術館でひらかれていました。
シュールレアリスムの画家たちに影響を与えたことでも美術愛好家では知られているカチーナ人形の本物を見れるのが、実は僕にはこの秋の一番の楽しみで、ぜひご紹介してたくさんの方に見ていただきたいと思っていたのですが、絵てがみを描いてからと思っていたら、会期に間に合いませんでした。ごめんなさい。
またなにかの機会がありましたら一度ご覧ください。カルチャーショックを受けるかも。
そして商業化でどんどんおもしろくなくなっていく過程が、考えさせられました。ふーむ

(ふぅふぅc)
a0030594_2352241.jpg「アンテスとカチーナ人形 現代ドイツの巨匠とホピ族の精霊たち」会期10月30日~12月12日(終了) 伊丹市立美術館
[PR]

by choakuta | 2004-12-26 22:54 | 絵てがみc | Comments(0)

<< ゆず・あったかいよ 今週のココ・楽譜のお勉強中 >>