ギャラリー通信vol27~片岡球子展   

a0030594_20211969.png

ギャラリー通信vol27が昨日届きました。
今回の僕の記事は今開催中の「墨遊人展」のレポートと絵手紙と書について思うこと。
今日は早速会場の田尻歴史館に届けました。会場でご覧ください。お持ち帰り自由です(笑)

明日(22日)は、大荒れの天気になりそうです。
残念ながら、予定していた野外パフォーマンスは中止でしょうね。

a0030594_20221195.png特別展「片岡珠子~生命あふれる」
3/17(土)~5/6(日) 10:00~17:00
神戸御影・香雪美術館 入館料800円

東京大崎の鈴木榮重展は残念ながら断念して、午後から片岡珠子展に行って来ました。
期間ももう後半、やっとのことで間に合いました。

103歳の長寿もすごいのですが、60歳を過ぎてからの作品からが本領発揮で富士山や面構えシリーズはすべてその時期以降のもの。今回は裸婦のポーズシリーズは展示されていませんが、裸婦を満を持して描き始めたのが80歳前です!!
僕もまだまだこれからだな、と励まされたような気持になりました。

富士山や面構えシリーズを絵手紙人には模写する人も多いようです。
色、形を模写するより、いつまでも枯れない生命力を見習いたいものですね。

この展は約30点ほどの精選された作品ばかりでしたが、もっと見たい!
そんな気持ちになった展でした。おすすめ
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2012-04-21 20:26 | 情報 | Comments(2)

Commented by mu-2008 at 2012-04-21 20:43
片岡球子!!
鮮やかな色で大胆
好きです。
とあるギャラリーで
欲しいな~と眺めすぎ?
警備員がそばに来たことがあります。
Commented by ふぅふぅc at 2012-04-22 23:03 x
>ムッチヤン
片岡球子いいですよね。気持ちわかります。
本物は目の玉が飛び出るほど高いです。
版画でもなかなか手が出そうな値段ではありませんよね。

<< フランネルフラワー・春にときめく 人・悲しみ >>