ギャラリー通信vol30 被災地の子供たちと   

a0030594_2226186.jpg

大崎ウエストギャラリー発行の『ギャラリー通信vol30』が届きました。
今回の僕の記事は「被災地の子供たちと絵手紙交流」ということで、福島第1原子力発電所の事故のために町ぐるみ避難している福島県楢葉町小学校の子供たちとの絵手紙交流という内容です。
今はいわき市にある民間の会社の建物を仮校舎として学んでいます。
厳しい状況にあっても送られてきた子供たちの笑顔に救わされます。

このご縁は絵手紙仲間の3美ぃず♪のみなさんのおかげです。
この夏の絵手紙うちわを送るという活動に、僕の本を寄贈させていただいたのがきっかけです。
まだまだ避難生活は続くようです。継続した援助が必要ですね。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2012-10-20 22:26 | 絵てがみ | Comments(2)

Commented by 一休 at 2012-10-21 19:40 x
今日はお忙しい中、作品展にお越しを頂きありがとうございました。お姉ちゃんやお孫さんにもお逢いすることが出来て嬉しかったです。いつもいつもお気にかけて頂きありがとうございます。
Commented by ふぅふぅc at 2012-10-21 23:53 x
>一休さん
こちらこそお忙しいのにお相手を頂きありがとうございました。
毎回大がかりのイベントをまとめられるのはご苦労だと思います。
ごゆっくりしてくださいね。

<< 巳の年賀状試作1・看々臘月尽 かわいいオバケ >>