「ほっ」と。キャンペーン

ラ・フランスとシャンソン   

a0030594_23363398.jpg

ふぅふぅAの絵手紙です。

今夜は「オフィスシュウ シャンソンフェスティバルin OSAKA」という梅田芸術劇場で催されたシャンソンコンサートを聴きにいってきました。
シャンソンを聴きにいくのは珍しいのですが、Aの高校、大学時代の友人の妹さんがシャンソン歌手の野村エミさんで、このコンサートに出演されていたからです。

ゲストに詩人の谷川俊太郎さんが出演されていて自作の詩を朗読されたました。
ご本人の朗読、とても興味深かったです。
ことばについての詩がいくつかあったのですが、(僕だけかもしれません)ちょっと意味深にも聞こえました。
いわゆる宝塚ふうというか、銀巴里ふうというか、日本のシャンソン歌手が歌うシャンソンの日本語訳の不自然さ、フランス語の発音の不自然さ。
僕は思わず韓国語で歌ってるのかと思ったほどでしたが、Aはイタリア語かと思ったと(笑)

それでも久しぶりのシャンソン。たまにはいいものです。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2012-11-06 23:37 | 絵てがみA | Comments(6)

Commented by 一休 at 2012-11-07 06:29 x
私にとってシャンソンと言えば、パリ、枯れ葉、越路吹雪のイメージしか湧いてきません。一度本格的なシャンソンなるものをこの耳で聴きとめておきたいと思っています。詩の朗読、これまた興味がありますね。
Commented by おのり at 2012-11-07 19:20 x
シャンソンというと あの奈良で うたって下さった 
ヨッコさん を 思い出します
あの 御年で よく 声が出ていると 誉められて
いるそうです
羨ましく 思います
Commented by renn baba at 2012-11-07 23:42 x
シャンソン・・・
あまり聞くことがありませんがショップ仲間の若いママが
オペラのミニライヴを時々してくれるので楽しませてもらえます♪

音楽は(よくわからなくても)いいものですね~
Commented by ふぅふぅc at 2012-11-08 00:22 x
>一休さん
こんばんは
普通はシャンソンのイメージってそんなものですよね。
詩人の自作の朗読でステージに立てるもんだと感心しました。
Commented by ふぅふぅc at 2012-11-08 00:24 x
>おのりさん
なつかしいですね。
ヨッコさん、お元気でいらっしゃるのでしょうか?
シャンソンも高齢化?
Commented by ふぅふぅc at 2012-11-08 00:26 x
>renn babaさん
こんばんは
音楽は好きか、嫌いか、だけだと思っています。
芸術はなんでも、わかろうとすると本質は逃げていくものかもしれませんね。

<< きんぎょ草・あなたの夢を 子カッパ・慈しむ日々 >>