奈良国立博物館・曙光の時代   

a0030594_2347551.jpg今日は前から気になっていた「曙光の時代ードイツで開催した日本考古展ー」に行ってきました。
奈良国立博物館3月23日~5月8日

素晴らしい内容の展示会でたっぷり二時間楽しみました。
書物では有名な考古学上の逸品を直接目にすることのできる、多分これからも数少ないチャンスです。
もしまだの方はぜひご覧ください。
僕は特に縄文時代の火焔型土器と土偶に強く惹かれました。

a0030594_23483838.jpg火焔型土器


(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2005-04-24 23:55 | 絵てがみc | Comments(2)

Commented by crishiri at 2005-04-25 08:41
おはようございます。
火焔型土器は,つれあいの父の故郷・新潟県津南町でも発見されていて,その形が強く心に残っています。昨年の中越地震で壊れたものもあるとききました。あの造形に厳しい自然に向き合う人たちの心根を感じます。
Commented by ふぅふぅc at 2005-04-25 09:37 x
>crishiriさん
おはようございます。
そうですね、このような火焔型土器は新潟を中心に発見されているようです。
地震の被害、心が痛みます。
うまく復元できたらいいのですが

<< 痛哭・JR脱線事故 ゴジラ・ここで止めるわけには >>