「ほっ」と。キャンペーン

かぼちゃ・生きよ線   

a0030594_224933.gif

生きた線 生きよ線
私が生きてきた軌跡と奇蹟


僕は絵手紙の絵は線が命だと思っています。
生きた線を書くために線の練習をし、いろんな筆を試してみたり、左手で書いてみたり…
きっと答えが見つからなくて、最後まであがくのだと思っています。
一本の線の中に人生が凝縮されいるような気がします。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2013-11-01 22:04 | 絵てがみc | Comments(8)

Commented by piccoro_house at 2013-11-01 22:37
返事をかくことに 気持ちが傾いていると
線が いい加減に なっています

通信と 割り切るか
心のつぶやきにするか
私の 悩みです

ふうふうさんでさえ 苦戦しているのですもの
道は 遠いです
Commented by ふぅふぅc at 2013-11-01 22:45 x
>ピッコロさん
そうですね。道は遠いです。
僕は非難している訳ではないのですが、みなさんにお返事を書くために何枚も同じ絵手紙を書くことに疑問を感じているのです。
僕もたまには3,4枚描きますし。ピッコロさんのおっしゃるようにどうしても線がいい加減になってしまいます。
Commented by mt-banana at 2013-11-02 00:18
ふぅうふさん
私も線が命!納得いく線を弾けるまではまだまだ。日々努力積み重ねでしょうね。
Commented by 一休 at 2013-11-02 04:44 x
絵手紙の世界のことはよくわかりませんが、色に「捨て色」があるように線にも「捨て線」があるかもしれませんね。線は点の繋がりと言われています。今日も私は私の「線」を・・・。
Commented by かすみ草 at 2013-11-02 07:54 x
まず心でしょうか。
心が乱れていると(笑)線が乱れます。

ふぅふぅさんのような線が引ける集中力が欲しいです。
日々の鍛練が継続できる精神力が欲しいです。
ゆっくりです。。。
Commented by ふぅふぅc at 2013-11-02 08:54 x
>bananaさん
西洋画と違い日本の美術の特長は線の魅力です。フジタがパリで認められたのも繊細な線の力、棟方や井上有一が世界の人々を歓喜させたのも大胆な線の力。
絵手紙人も線をもっと鍛えなくてはと思います。
Commented by ふぅふぅc at 2013-11-02 09:03 x
>一休さん
一休さんの作品をいつも拝見していて、さすがとうなることしきりです。たしかに絵手紙とは違うと思いますが、一流の名人の技と感嘆しています。
やっぱりプロですね。だから作品を求める人がたくさんいるのだと思います。どうか一休さんの線を追及し続けてください。
Commented by ふぅふぅc at 2013-11-02 09:08 x
>かすみ草さん
少しお久しぶりです。お元気でしたか?
僕なんかまだまだ。心が乱れきっています(笑)
単純な線の練習はつらいものですが、集中力を養うのにも有効ですよね。一生かけての勉強です。

<< 熊取町民文化祭・篆刻クラブ かぼちゃ・10月も終わりました >>