「ほっ」と。キャンペーン

ifの世界   

a0030594_09122.gif

もしも もせも もそも

1913年生、今年101歳の世界的な前衛書家、画家篠田桃紅の『百歳の力』(集英社新書)より
”具象は、見てわかる、理解するもの。抽象というのは、理解するものではなく、感じるもの。だから、千人いれば千人感じるものがちがう。”

”独創性を得るためには、考え方や生き方を自由にして、なにかの枠の中におさめないことが大事です。”

”人はなにかにとらわれて、その視野の中だけでやるから、新しいものが生まれないんです。視野の中だけでやっているのは、詩でも芸術でもないです。詩とか芸術というのは範囲が無限だから表現できるんです。これは別に詩や芸術に限ったことではありません。”

まだまだ僕らはひよっこですね。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2014-07-31 22:55 | 絵てがみc | Comments(2)

Commented by 一休 at 2014-08-01 04:46 x
枠にとらわれない発想が出来たら何も言うことが無いですね。私もそうありたいといつも思っています。新しい何かを生み出すためには既成観念を捨てなければなりません。ちょっと変わった発想をすると、あの人は変わった人・・・。この年になったら、残された人生を自由気ままに生きたいですね。
墨で描かれた絵、素敵です。
Commented by ふぅふぅc at 2014-08-01 23:15 x
>一休さん
ありがとうございます。
残り少ない人生ですから、自由に生きたいですね。
Tおめでとうございます。Gなんとか負けなくてよかったです。

<< ゆり・余分な力 ふくろう・あなたが守ってくれるから >>