「ほっ」と。キャンペーン

バラ・父さんが   

a0030594_22411516.gif

祝日の2月11日は亡き父の誕生日。
もう27年も前に亡くなったのですが、生きていたらちょうど100歳になります。
あまり親子関係がよくなくて、長男の重圧からいつも逃げようとしていた息子でしたから、歯がゆい思いをしていたことでしょうね。
やっとこの歳になって父の愛情を少し感じるようになりました。
きっと優しい顔をして(僕には恐かったのですが)どこかで見守ってくれていることでしょう。

今日は孫のNちゃんの初めての幼稚園の生活発表会。
歌もダンスもずいぶん上手で、じいじとばあばの眼尻は下がりっ放しでした(笑)
(ふぅふぅc)

[PR]

by choakuta | 2015-02-11 22:47 | 絵てがみc | Comments(2)

Commented by とくちゃん at 2015-02-13 17:44 x
親子の関係は人それぞれでしょうね!

私は父親が40過ぎで生まれた子でしたから、

どちらかというと溺愛された方ですかね~

私に注いでくれた愛情分をむすめにそそいでいるかな~?
Commented by ふぅふぅc at 2015-02-13 20:28 x
>とくちゃん
そうでしたか。
僕も父が36の時の子供ですから愛されたのだと思います。
親子関係も難しいものですね。

<< おひなさま・しあわせ太り グレイン・土の神さま >>