ギャラリー通信vol.45が出ました。半泥子物語   

a0030594_2345676.gif

ギャラリー通信vol.45が出ました。
今回の僕の記事は、いまあべのハルカス美術館で開催中の「川喜田半泥子物語 その芸術的生涯」(5/10まで)を鑑賞して感じたことを書いてみました。
実業家として活動しながら、陶芸などで自由奔放な作品を残した半泥子の趣味人として生き方には共感するところが多いです。
僕も絵手紙を生活の糧にしたくありません。まあなりませんけどね(笑)

a0030594_23114158.gif今夜の絵手紙は、ギャラリー通信に同封されていた大崎ウエストギャラリーのSさんからのものです。
うれしいことに絵手紙フェスティバルの際にプレゼントした土の子陶房の土器がモチーフになっています。
かわいいおさるさん。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2015-04-22 23:15 | 絵てがみ | Comments(4)

Commented by とくちゃん at 2015-04-23 17:51 x
趣味を芸術にまで持って行った自由奔放な作風や考え方など、

生き方にあこがれますね。

生涯趣味に徹することができたからこその作品ですね!
Commented by ふぅふぅc at 2015-04-24 00:31 x
>とくちゃん
あこがれますよねえ。
それでも、なかなか難しい生き方だと思います。
Commented by nonko2014 at 2015-04-27 09:55
先日 お気に入りの絵手紙を購入しました。
お金を出して買うということは好みが明確で
額や言葉を選びます。自分に宛てたものではないので
一つの作品として購入するわけです。勿論飾ります。

いつかふぅふぅ美術館が出来たらいいな・・と夢見ています☆
Commented by ふぅふぅc at 2015-04-28 00:40 x
>nonkoさん
K先生の絵手紙ですか?
僕もたまに買っていただくことがあるのですが、難しいですね。

ふぅふぅ美術館は夢ですよ~

<< シャガ・やさしいあなた 牧牛さんのふくろう・明日はきっと >>