「ヘタでいい…」を考える   

a0030594_23175946.gif
大崎ウエストギャラリー発行の『ギャラリー通信vol.58』が発行されました。
購読中の皆様には月末に届くと思います。

今回の僕の記事は”「ヘタでいい ヘタがいい」を考える”がテーマです。
有名で、絵手紙の代名詞のようなこのコピーについて考えていきます。
絵手紙の活性化のためにも、いろんなご意見をいただければうれしいです。

(ふぅふぅc)


a0030594_23182278.gif

夏の読書 7
岡田喜秋 『定本 日本の秘境」 山と渓谷社

昭和35年に出版された旅行記の古典が復刻されました。
今読んでも傑作だと思います。
取り上げられた各地は、今はもう面影はないかもしれません。
開発されて秘境とは呼べなくなっているか、跡形も無くなっているか。
興味深いです。






にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]

by choakuta | 2017-06-22 23:26 | 絵てがみ | Comments(3)

Commented by choakuta at 2017-06-29 10:21
>nonkoさん
どうもありがとうございます。
またお会いしたときにいろいろお話しましょう。
手紙だから、僕にはちょっと寂しいことばです。
Commented by nonko2014 at 2017-06-29 11:50
絵手紙に対する考えは個々違うようです。
何かを信じないと何事も継続できなくて
自分で暗示をかけているのかもしれません (笑)

読み直したら偉そうで恥ずかしい・・
すみませんが削除させて頂きます。



Commented by choakuta at 2017-06-29 18:40
>nonkoさん
いろんな意見があっていいと思います。
ただ僕が思うのは、停滞する絵手紙をなんとか活性化出来ないかということです。
向上心を失ったら人間だめになると思うのです。

<< ねことわんちゃん・どっくん ルドベキア・かあさんへ >>