ユリ・山は酔っぱらって   

a0030594_22262992.jpg

今年の「タオルで描く絵手紙コンクール」に出品した作品です。
昔、熊取や泉佐野の山では季節になると、ゆりの匂いで山が噎せ返ったようになったものでした。
そして、どこの家もゆりの匂いで満ちていました。(実は僕は苦手!)
今は自生のゆりはほとんど絶滅したそうです。
乱獲なんでしょうね。悲しいことです。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2006-05-08 22:26 | 絵てがみc | Comments(9)

Commented by Keyaki at 2006-05-09 08:02 x
「タオルで描く絵手紙コンクール」見に行けなくて すごく残念です
↓の画像を見ると、大きな作品がいっぱいあって いいなぁ
タオル筆の絵は力強い線の中に、味がいっぱいあって魅力的ですねー
ササユリ こちらでもかなり減ってしまいました
乱獲もあるでしょうけど、環境変化もあると思います
ササユリは、林と畑の中間(昔の草刈場)あたりにいっぱいありました
今は、そんな場所が減っています、そちらのヤマユリはちょっと違っているかもしれませんね
Commented by at 2006-05-09 08:55 x
タオルの特性を生かして描かれた絵は もちろん見事の一言なのですが
ふぅふぅさんの字には 魅力がいっぱいですね
少しでも近づきたいと 勉強させていただきます

スタップのみなさんのお陰で 素敵な作品展を見せていただき
感謝しています 来年も泉佐野への切符を頂くために
今日からスタートです
よろしくお願いいたします
Commented by ふんわりさん at 2006-05-09 12:38 x
挨拶が送れました
大坂では大変にお世話になりました。心温かいおもてなしをありがとうございました。
私達夫婦にとて大切な思い出となりました。
催しのお手伝いで大変に疲れてみえるでしょうね、早く疲れがとれますように。
今度お会いするのは何時になるかな、楽しみにしています。
Commented at 2006-05-09 12:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なー at 2006-05-09 19:52 x
 ご夫婦そろって本当にお疲れ様でした 感謝です
自分の作品の対角線上に、この百合があって、百合の花びらに
厚みがあって、すごく白いんで自分のの次に見ました
絵手紙で白を塗ってるのをあまり見たことがないので新鮮でした

そして、今皆様のお話で、おとぎ話のようなそんな香る山があったんに
びっくjりしてます 桃源郷の百合版、とってもすごい話です
Commented by ふぅふぅc at 2006-05-10 01:11 x
>keyakiさん
みなさんタオル筆の使い方が分かってきたように感じます。
またいつか見てください。
そちらでも減っているのですか。さびしいことですね。
Commented by ふぅふぅc at 2006-05-10 01:15 x
>銀さん
連日お越しいただきありがとうございました。
教室からたくさんの方が入賞されていて、さすが先生のご指導の賜物でしょう。
僕のへなちょこな字を見習わなくても、銀さんの個性を伸ばしたほうがずっと素晴らしいと思いますよ(笑)
Commented by ふぅふぅc at 2006-05-10 01:18 x
>ふんわりさん
お疲れがでていませんか?
ふんわりさんのことをいつも気遣っている、すばらしいご主人ですねえ。
いつかご主人の写真展を見せていただきたいと思っています。
Commented by ふぅふぅc at 2006-05-10 01:23 x
>なーさん
そろそろ疲れがでていませんか?
絵手紙はなんでもOKだからおもしろいんだと僕は思っています。
どうしてもゆりの白さを出したかったので、顔彩ではなくアクリル絵の具をこっそり(?)使いました。へ、へ、へ

<< さざんか・笑顔が咲いたよ 第2回タオルで描く絵手紙コンクール >>