ばら・朽ちてこそ   

a0030594_2205244.jpg

花の命は短くて、なんてよく言うけれど
どんな人間にも平等に与えられたゴールは死なんですよね。
僕は宗教的なことには疎くて迂闊なことが言えないけれど
だんだん死が身近になってきます。
その死後に値打ちが見直されるような人間になりたいと思います。
ようやく岡本太郎の再評価が始まったようです。

石鎚山、無事に戻ってきました。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2006-07-05 22:06 | 絵てがみc | Comments(6)

Commented by kawasemi247 at 2006-07-06 14:11
こんにちは
もうすぐ88888ですね今度の連休あたりかな
先にふぅふぅさんの落款を彫りたいと思います
今日のマイブログに4例 Upしてますので見て下さい。
お決めになったら私のブログにコメントよろしく (例 左上とか)
Commented by いよさん@愛媛 at 2006-07-06 19:05 x
北川ふぅふぅさん、ご無沙汰しています。

毎年お山開きをテレビで拝見しています、模様替えで大変お元気な様子が推察されうれしくなって立ち寄りました、また、パワフルな花を拝見できありがとうございました。
Commented at 2006-07-06 22:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ふぅふぅc at 2006-07-06 23:54 x
>kawasemi247さん
こんばんは。
レスが遅くなり申し訳ありません。
「絵手紙ネット」で紹介されているせいか、スピードが速いですね。
後ほど訪問させていただきます。
Commented by ふぅふぅc at 2006-07-06 23:56 x
>いよさん
こちらこそご無沙汰で申し訳ありません。
今年はお山の上は風雨が強くて大変でした。
とはいえ成就社までの手抜き参拝ですが。
Commented by ふぅふぅA at 2006-07-07 01:04 x
>まーしゃさん
こんばんわ
喜んでいただけて嬉しいです
またいつか、サントリービールの試飲に
行かないといけませんね!Dさんのために・・・
岡山にも遊びに行きたいです
近いですもんね

では、お体にお気をつけください
風邪とか腰痛とか!・・・・・

<< 熊取絵手紙クラブ・七夕わたしの願い まかしておいてとは言ったものの >>