ラルゴな昼下がり~有元利夫風に   

a0030594_20562891.jpg

先日見た有元利夫さんの印象が消えないうちに、描いてみました。
どれかの作品を模写したわけではありませんが大好きな雰囲気を出したくて。
小さなハガキに顔彩ですから、有元さんのフレスコ画のような雰囲気を出すのは無理ですね。
それでも描いていてとっても楽しかったです。
絵手紙として言葉を入れようと思ったのですが、合わないので止めました(笑)
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2006-10-31 20:57 | 絵てがみc | Comments(4)

Commented by toraian at 2006-10-31 22:44 x
あたたかい雰囲気の色使いでゆったりとしていますね。葉書以上の大きさに見えます。上部の赤が全体を引き締めていると思います。いいですね。
Commented by ふぅふぅc at 2006-10-31 23:08 x
>toraianさん
こんばんは。
どうもありがとうございます。
まあこれは模写みたいなもんですからね(笑)
オリジナルな作品をで喜んでいただけるように描いていきたいと思います。
Commented by teruminart2336 at 2006-11-02 12:11
絵本のようだなぁと思いました。かわいらしいです・・・
私は顔彩って使ったことがないのですが、フレスコ画の顔料と同じように考えてました!やはりぜんぜん違うのですか?溶くものでもずいぶん変わるとは思いますが・・・
Commented by ふぅふぅc at 2006-11-02 22:58 x
>terminart2336さん
こんばんは
顔彩は日本画によく使うのですが、同じ岩絵具は膠で溶くのに比べて顔彩は水で溶いて使います。ですから楽にきれいな色が出ると思います。フレスコ画とは違うようですね。

<< のどの奥をひらいて ココといつまでも >>