ウランちゃん・あのころ そしてちょっと考える   

a0030594_18545696.jpgあのころ 妹がほしかった

僕は男兄弟でしたから、かわいい妹がほしかったものです。
アトムよりウランちゃんが好きでした(笑)

似顔絵ブログとして有名だったteruminartさんのblogが、いろんな事情から残念ながら似顔絵をアップできなくなったそうでです。
肖像権とか著作権の問題でしょうか。

絵手紙の世界では、なにかモチーフを見て描くことが多いですね。
今日アップしたもののように、スヌーピーやミッキーなどを何も気にせずに描いたりします。他の方の作品をまねるのは論外ですが、著作権の発生しているものを個展で発表したり販売するようなことは避けたいものです。
ただblogで発表するのは商行為ではないし、個人の楽しみとして許されるのではと思うのですが?どうでしょうか。
また、絵手紙として言葉をつけたり工夫するわけですから、別個の作品として成立しているという考え方もあるかもしれません。

言えることは、絵手紙を描く人には、この問題にあまりに無関心な人が多いということです。
他の方の絵を気軽に真似したり(楽しむだけならいいのですが…)、他の作家の言葉をそのまま使ったりしていませんか?
作品展でよく言葉をメモしている方を見かけますね。あのメモはどうされているのでしょうか?
絵手紙は、絵と言葉で思いを伝えるものです。大事な自分の言葉が他の方の作品に使われるのは悲しいものがあります。
教室や自宅で個人的に楽しむのには全く問題がないと思うのですが、少なくとも、作品展で自分の作品として発表するのはいかがなものでしょうか。

みなさんのご意見をお聞かせください。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2007-02-10 18:55 | 絵てがみc | Comments(11)

Commented by yumehorisi at 2007-02-10 20:52
私は他の方に伝達手段として、ファックスの限界・メールの限界・電話の限界と云う基準を設けてて、「これ以上は言い回しが難しくなるので、会って話そうね!」ということにしてます。
携帯メール・パソコンメールで失敗して勉強した結果です。
このお話は、私にはお会いして話を進めたい分野に成ります。

私の場合・「まねる」と「学ぶ」は同意義にもなるので、模写という手法があると指導してます。
ただ、自分のものとして・自分のオリジナルのように「発表」はダメ。と指導もしてます。
肖像権・著作権という意識を持つ必要はあります。
使った方が勉強不足で、「いいなと思った言葉は、すでに使われている文」という場合もあると考えられます。
○○から引用としなければいけないと思います。
引用とすればいいのか?という処になると自信がなくなりますのでご指導ください。
Commented by ふぅふぅc at 2007-02-10 21:12 x
>yumehorisiさん
早速の書き込み本当にありがとうございます。
難しい問題ですから、このような形より実際にお会いしてお話すべき問題ですよね。
勉強の方法として模写を否定しているわけではありません。
yumehorisiさんのような見識ある指導者に教わっている皆さんは幸せですね。
ちょっと思うところがあって、敢えて問題提議をしてみました。
ありがとうございました。
Commented by teruminart2336 at 2007-02-10 23:57
ふぅふぅcさん、どうもご訪問ありがとうございます!
はい、残念なことになってしまって。しばらく落ちこんでおりましたが、実は親戚友人内での本の配布(無料)や、個展の際も許可をとれば可能ということで、(吉本の広報部の方は親切でした、とても)少し元気になりました。雑誌や番組への投稿も大丈夫だそうです。
私としては、肖像権やパブリシティ権を気にせず、堂々とブログを続けたくて問い合わせたのです。もちろん費用がかかる事も覚悟して。でも、今はネット上ではルールも整っていなくて、とりあえずタレントさんの似顔絵は無理ということらしいです。(まあ、ほとんど問い合わせたりしないのが実情で)
すでに、私の似顔絵はかなりの頻度で出回っていたらしく(苦笑)、この芸人さんを呼んで欲しいという問い合わせに使われていたらしいです。似顔絵という分野が確立してませんよねえ(笑)私はヒトを描く事が好きです。いつか似顔絵を安心して描ける環境になって欲しいなあと思います。
Commented by usagi731 at 2007-02-11 00:01
こんばんは。
お久しぶりです。ふぅふぅさんの言われることご最もですね。
作品展などで あ!この言葉使えそう!と言ってメモるかた
みえますが 失礼ですよね、無言でメモるのはまだしも。
もっと失礼なのは 自分のオリジナルなのに これは何を真似
したのですか?と先生と名のつく方にぶしつけに訊ねられてがっかりしたこともあります。勝手に真似することもどこまで許されるか
問題ですが 真似されたほうも価値観が薄れ、あまり気分の良いものではない場合がありますね。
時々そんなことを感じたことがありますが 実際くちに出して言えません。。。。^_^;
描きかたを学ぶだけでなく マナーや良識もだいじですね。
ここのところ 描くことをさぼってるのに えらそうなこと
言ってすいません。m(__)m
Commented by ふぅふぅc at 2007-02-11 00:13 x
>teruminartさん
たしかにネット上のルールは野放し状態です。
きちんと対応しようとしたことが、かえって残念なことになったのですね。事情はよくわかりました。
teruminartさんの似顔絵は素晴らしいので有名になりすぎていたのかもしれません。
なんらかの形で見せていただける日を楽しみにしています。
ファンの方がいっぱいでしょうから、本は遠慮させていただきますね。
Commented by ふぅふぅc at 2007-02-11 00:20 x
>usagiさん
こんばんは。お久しぶりです。
一年前は毎日のように会話していましたよねえ(笑)早いものです。
すっかり二胡のusagiさんかな?
usagiさんのおっしゃるような場面を僕も何度か目にしました。
作品展に何を求めて来てるんだろう、って。
絵手紙の現状はそのようなもので、このままでは僕たちの大好きな絵手紙はどうなってしまうんだろう、って不安になります。
実際のところ退潮の気配を感じています。
ご意見どうもありがとう。
Commented by ふんわりさん at 2007-02-11 11:36 x
作品展はグループで役場に年に二回展示させていただく程度なので自分なりの言葉や絵を使っていると思います。
けど普段は、気に入った絵本の模写もします。
言葉も本にのっている言葉を引用することもあります。
有名なかたの言葉ならハガキの隅にそのかたの名前を入れたほうが良いでしょうね。
作品展で良い言葉に出会ったとしたら私はきっと感動でメモするでしょう。
絵も「写真を撮っていいですか?」とお聞きして許可が出たら写してきちゃいます。いまのところ模写はしたことはないですが。

夫が出張から帰ってきました。
Commented by ふぅふぅc at 2007-02-11 18:47 x
今日は南紀白浜にきています。携帯からです。明日遅く帰りますのでお返事は遅くなります。申し訳ありません。この記事へのご意見お聞かせください。
Commented by うめ at 2007-02-11 19:05 x
大変参考になる話を目にしました。
絵手紙に最初に出会った時の事を思い出します。
美術館で見る絵画の世界とは違って
しゃちこばらず、素朴な絵と、添えられた言葉と
その文字までが何か語りかけたり、
「うん、うん、そーだねぇ」共感を呼ぶ不思議な
安堵感があったことを思い出します。
寝転んで見させてもらっても、叱られない、ほっとする
ような対面でした。
考えてみれば絵と言葉のハーモニーで、音楽なら
それぞれが曲のようなものですね・
いまだ旨く作曲もできず、音痴な歌声にお付き合いして
いただいて感謝の言葉が見つかりません。
今に見ていろ下手な鉄砲もそのうち当たる?・・・と
信じてガンバリマス。
Commented by ふぅふぅc at 2007-02-13 00:58 x
>ふんわりさん
お返事が遅くなり申し訳ありません。
ご主人様、長い出張お疲れ様でした。

yumehorisiさんのおっしゃるように、勉強としての模写を否定しているわけではありません。
模写で満足するのではなく、模写で力を養い個性あふれる絵手紙ができたらいいなあと思います。
それとは別に絵手紙を描く人に悪い人はいないのですが、モラルを認識した上で楽しみませんか?と、僕は思うのです。
Commented by ふぅふぅc at 2007-02-13 01:03 x
>うめさん
こんばんは。
充分うめさんらしい絵手紙を描いていらっしゃると思うのですが、目標が高いのですね。
絵手紙はたとえ表現が稚拙でも心をうつ作品があります。
すごくお上手でもただそれだけ、という作品もあります。

<< 更新はおやすみです 皮鉄18・こんなに不思議 >>