川上弘美「どこから行っても遠い町」・ブックカバーで遊ぶ   

a0030594_22352552.jpg僕の好きな川上弘美さんの新作「どこから行っても遠い町」(新潮社)が出ました。
前作の「風花」よりも、初期からの川上さんらしい奇妙な雰囲気がふんわりと漂っていて、僕には好ましい作品です。
今回のブックカバーも良いのですが、ちょっとおとなしくて物足りなく思い、自分で作ってみることにしました。

a0030594_22355419.jpg

帯をはずすと、なんとこの絵は、あの谷内六郎さんが描いたものでした。
(失礼しました)
a0030594_22361858.jpg

(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2008-12-09 22:34 | 絵てがみc | Comments(8)

Commented by とくちゃん at 2008-12-10 00:58 x
「週刊新潮」の表紙絵でしたっけ?

素朴な絵が好きで、我が家にも30年以上前に買った谷内六郎の版画(リトグラフ?)が2点ありますよ!
Commented by jennifer at 2008-12-10 01:01 x
Wow!
ふぅふぅCさんの夢のある色は素敵!

あの遠くに見える明るい人生の出口に向かって
ゆっくり歩いていこうか!

まだまだやり残していることがいっぱいあるけれど
どうしてもしないと駄目なものでもないし
神様に任せてみてもいいと思える歳になってしまった。




Commented by 里のまま at 2008-12-10 21:26 x
色彩と色が重なりあって物語りを創っているような絵手紙ですね。
いつもホッと癒される絵手紙を描いていける能力はどうしたら養えるのでしょうか・・・
「どこから行っても遠い町」本の帯に書いてある言葉「捨てたものではなかったです、あたしの人生」続きが読みたくなりました^^
Commented by ふぅふぅc at 2008-12-10 22:44 x
>とくちゃん
こんばんは
谷内さんは亡くなるまで週刊新潮の表紙を描き続けていましたよね。
「週刊新潮は明日発売で~す」という有名なCMを思い出します。
リトグラフ、お宝ですね。
Commented by ふぅふぅc at 2008-12-10 22:47 x
>jennifer さん
どうもありがとう。
まだまだ歳を感じる歳ではないと思いたいのですが、体がいうことをきかないようになってきました。
なんか焦ります。
Commented by ふぅふぅc at 2008-12-10 22:57 x
>里のままさん
こんばんは
僕にはそんな能力ないですよ(笑)
僕にはいい本ですが、合うかどうか心配ですから(笑)図書館で一度目を通してみてください。
Commented by 藍色 at 2008-12-19 05:09 x
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
奇妙な雰囲気がよかったですね。

トラックバックなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Commented by ふぅふぅc at 2008-12-20 00:51 x
>藍色さん
はじめまして。
トラックバックありがとうございました。
たくさんの本をよんでいらっしゃるのですね。

こちらもトラックバックいたしました。

<< joint展から12 土の子・... joint展から11・フランネ... >>