土の子・おとん ごめんな   

a0030594_22321968.jpg

とうさん、ごめんな

僕は父親とうまくいかなくて、中学の頃からまともに話をした記憶が無い。
父が亡くなって20年、やっと今頃父が懐かしくなってきた。
そんな思いになるきっかけお彼岸の墓参り。
Aが言うには、お父さんは話ししたがっていたよ、って……
「とうさん、ごめんな」
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2009-03-23 22:31 | 絵てがみc | Comments(18)

Commented by チャーミング at 2009-03-23 22:44 x
ふぅふぅさん、こんばんは。
5届きました。
ありがとう!

でも、どうして5なの?
Commented at 2009-03-23 22:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aki-milk at 2009-03-23 22:47
ありがとうございます^^
届きましたよぉ~。

うれしいぃ・・・・(^。^)y-.。o○
Commented by ふぅふぅc at 2009-03-23 23:51 x
>チャーミングさん
こんばんは。
あれ?チャーミングさんのように頭の回転の速いお方が!
blogの5周年プレゼントですから、5周年の「5」です!!(笑)
Commented by ふぅふぅc at 2009-03-23 23:54 x
>鍵コメさん
了解しました。
決まりましたら連絡します。
1時過ぎと考えていたのですが、お迎えありならお昼は海鮮丼がありかもね(笑)
Commented by ふぅふぅc at 2009-03-23 23:57 x
>aki-milkさん
お待たせしました。
遅くなってごめんね。プリンターのせいにしといてください(笑)
まだ全員の方には発送できていないのです!(またまた、ごめん)
Commented by 柴まみママ at 2009-03-24 00:53 x
届きました。有難うございました。
ホワッとした絵と心にしみる言葉が大好きです。いつも見えるところに飾ります。宝物が増えてうれしいです。
お忙しい中本当に有難うございました。
Commented by チャーミング at 2009-03-24 01:02 x
あらまあ、失礼しました。
何のための、プレゼントだったのかをすっかり忘れていました。
届いたプレゼントに、すっかり気をとられていました。

海鮮丼、OKですよ。
Commented by アイアイ at 2009-03-24 07:57 x
5周年の5・・・届きました。
思っていた通りのあったかいえてがみ・・・感激です。
いつもいただくばかりで、申し訳ないです。
本当にありがとうございました。
Commented by mu-2008 at 2009-03-24 08:14
なんだか言葉がしみてきます。
Commented by 浜ちゃん at 2009-03-24 13:48 x
お気持ちが胸に響いてきます。
それからA先輩のお言葉にもウルウル・・・ 

いいお嫁さんですね!
我家にも、そんなお嫁さんが来てほしい~
Commented by チューリップ at 2009-03-24 15:41 x
思わず涙が、こぼれました。
わたしも、とうとう一枚も父に絵手紙書けずに・・・。
Commented by ふぅふぅc at 2009-03-24 22:53 x
>柴まみママさん
こんばんは
ずいぶん遅くなりました。
これからも時々書き込みくださいね。
Commented by ふぅふぅc at 2009-03-24 22:55 x
>チャーミングさん
ということですので、「5」はたんなるデザインではありません(笑)
海鮮丼楽しみですねえ~
Commented by ふぅふぅc at 2009-03-24 22:57 x
>アイアイさん
いつもご覧頂きありがとうございます。
すばらしい絵手紙を描かれるアイアイさんに気に入っていただきうれしいです。
Commented by ふぅふぅc at 2009-03-24 22:59 x
>ムッチャン
どうもありがとう。
原ジャパンやったね!すばらしい優勝決定戦でした。
Commented by ふぅふぅc at 2009-03-24 23:04 x
>浜ちゃん
ありがとう。
今だから言える部分もあって、同居していたあの時代はAには辛い時代だったと思います。
きっと皆さんが経験していることだと思うんだけど。
Commented by ふぅふぅc at 2009-03-24 23:07 x
>チューリップさん
そうでしたか。
父や母が生きていた頃は、絵手紙と出会っていません。
今ならなぁ、と思っても遅いんですよね…

<< 土の子・おかん どうしてるかな ザルジアンスキア・それでも明るい >>