スポーツマン金太郎・寺田ヒロオの世界   

a0030594_22534690.jpg

a0030594_22555189.jpg「寺田ヒロオの世界」 講談社 2000円(税別)
昭和34年に出た「週刊少年サンデー」の創刊号の冒頭を飾ったマンガは寺田ヒロオの「スポーツマン金太郎」でした。
僕の好きな漫画家で当時は人気もあったと思うのですが、劇画が主流になっていくなかで徐々にメイン舞台から消えていきました。
寺田ヒロオの牧歌的な性善説の世界は世の流れに合わなくなっていったのでしょうね。

今は本好きやレコード好きにはなかなか良い時代で、見つけたときに買わないといけないのですが、思いがけない作品が復活することがあります。CDなんかはおまけに思い切り廉価!
この本が寺田ヒロオの作品が再評価につながるとは思いません。
それでも、このやさしさに満ちた世界を今の子供たちに読んでもらいたいと思わずにはいられないのです。

a0030594_22564826.jpg

「くらやみ五段」 ビクター出版 ソノシート 280円 主題歌・千葉真一
こんな珍しいソノシートを僕は持っているのです(へ、へ) 僕のお宝です。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2009-08-28 22:54 | 絵てがみc | Comments(6)

Commented by mu-2008 at 2009-08-29 10:57
へぇ~ 初めて聞いた漫画家さんです。
漫画の表紙より絵手紙の金太郎さんのほうが好きかも♪

「明るくつよくやさしく」・・・そんな男の子いたらな~
Commented by とくちゃん at 2009-08-29 20:12 x
私たち世代にはなんとも懐かしい絵ですね!

あの頃夢中になったことを思い出しますね。
Commented by ふぅふぅc at 2009-08-29 21:32 x
>ムッチャン
このマンガが出た頃にはまだムッチャンは生まれていないのでは?
金太郎は巨人に入団するのです。
ライバルの桃太郎は最初は西鉄ライオンズ、それから金太郎と一緒に野球をやりたくて巨人へ。それからやっぱり金太郎と対決したくて大洋ホエールズに移ります。
川上や与那嶺、藤尾が選手として登場しますよ(笑)
Commented by ふぅふぅc at 2009-08-29 21:35 x
>とくちゃん
懐かしいでしょう!
僕も夢中になったマンガでした。
もうずーっと遠い昔です。
僕は絵手紙を始めるまで絵を描いていませんでしたが、マンガが僕の絵手紙のルーツのように思います(笑)
Commented by mu-2008 at 2009-08-29 21:44
そうです~まだ夫も生まれてない。

深い内容の漫画ですね。
漫画って絵と言葉でたくみに進んでいく。。。
夢中になる気がします。

今度、朗読する本の一部に「漫画」のページが少しあり
どう説明しようか?悩みます。。。
見えてると分りやすいけど、
見えないと漫画も普通の文章と同じなのかな~。。

今日は、幸せなウサギでした。
Commented by ふぅふぅc at 2009-08-29 21:49 x
>ムッチャン
あんまり深い内容のマンガではありません(笑)

ご夫婦なかよく1勝1敗!
それがいいよね。

<< アルファベット字てがみ8 「H」 正直なところ >>