タグ:ギャラリー通信 ( 39 ) タグの人気記事

ギャラリー通信vol.60が出ました

a0030594_23014129.gif
「ギャラリー通信vol.60」が出ました。
創刊10周年おめでとうございます!
僕の今回の記事も「継続するということ」
国際交流でオーストラリアの方に絵手紙を教えたことにも触れています。
なんでも継続することは本当に難しいことだと思います。
いくつかの困難な壁を乗り越えるときっと何かが残っていくのではないでしょうか。

大型の台風が近づいています。
どうかご用心ください。
明日(10/22)はクーさんの初ライブ♪無事に開催できますように。
(ふぅふぅc)
a0030594_23165658.gif



にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]
by choakuta | 2017-10-21 23:13 | 情報 | Comments(0)

ギャラリー通信vol.59が出ました

a0030594_22242521.gif


『ギャラリー通信vol.59』が出ました。
皆さんのお手元にももうすぐ届くことと思います。
今回の僕の記事は「莫山さんの絵手紙」
奈良県立美術館で催された「榊莫山と紫舟のシンフォニー」という展覧会で莫山さんの作品を鑑賞した感想を書いています。
それと「第8回全国タオル筆で描く絵てがみコンクール」のお知らせです。

9月、10月といろんな絵手紙展、たのしい企画がいっぱいのようです。
『ギャラリー通信』は2か月に1回発行の無料誌です。
お申し込みは、直接発行元の大崎ウエストギャラリーに連絡してください。
141-0032 東京都品川区大崎」3-6-7 パークハイツ大崎3F
大崎ウエストギャラリー  tel03-3490-3097
a0030594_22250652.gif


「せみ」
お盆に帰省していた長女家族は、長い帰省から明日東京へ戻ります。
Nくんはクラブ(「鉄道研究会」!)の合宿で、今日から岡山方面に出かけました。
まだまだ暑いのですが、少しずつ夏も終わりに近づいているようです。
なんだか寂しいような、ほっとするような。
(ふぅふぅc)


にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]
by choakuta | 2017-08-22 22:41 | 情報 | Comments(0)

「ヘタでいい…」を考える

a0030594_23175946.gif
大崎ウエストギャラリー発行の『ギャラリー通信vol.58』が発行されました。
購読中の皆様には月末に届くと思います。

今回の僕の記事は”「ヘタでいい ヘタがいい」を考える”がテーマです。
有名で、絵手紙の代名詞のようなこのコピーについて考えていきます。
絵手紙の活性化のためにも、いろんなご意見をいただければうれしいです。

(ふぅふぅc)


a0030594_23182278.gif

夏の読書 7
岡田喜秋 『定本 日本の秘境」 山と渓谷社

昭和35年に出版された旅行記の古典が復刻されました。
今読んでも傑作だと思います。
取り上げられた各地は、今はもう面影はないかもしれません。
開発されて秘境とは呼べなくなっているか、跡形も無くなっているか。
興味深いです。






にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]
by choakuta | 2017-06-22 23:26 | 絵てがみ | Comments(3)

子どもの絵手紙に学ぶ

a0030594_21223325.gif
大崎ウエストギャラリー発行の『ギャラリー通信vol.57』が出ました。
今回の僕のタイトルは「子どもの絵手紙に学ぶ」です。
今年の「全国タオル筆で描く絵てがみコンクール」に応募され入賞された子どもたちの絵手紙を見て、僕が感じたことを書かせていただきました。
子どもの絵手紙、っていいですね。
(ふぅふぅc)

「土の子 藤まつり」  僕の絵手紙の展示もあります
4月18日(火)~25日(火) 10:00~16:00 (22,23日は17:00まで)
会場 蔵スペース「しんよも」 泉南市信達市場2152

a0030594_21225347.gif

春の読書 6
高橋幸枝『100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減』  飛鳥新社

タイトルにひかれて購入したが、残念ながら中身の薄い本でした。
著者はきっと素晴らしい人だと思いますが。





にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]
by choakuta | 2017-04-20 21:28 | 情報 | Comments(2)

ギャラリー通信vol.56が出ました

a0030594_23304978.gif
「ギャラリー通信vol.56」(大崎ウエストギャラリー発行)が出ました。
今回、僕の記事のテーマは”ていねいに生きる”
絵手紙にはその人がいかに生きているかが表れると思います。
僕が今回「タオル筆で描く絵てがみコンクール」の審査を担当させていただき感じたことを書かせていただきました。

「第7回全国タオル筆で描く絵てがみコンクール」の入賞作品展示会は、今回初めて東京でも展示させていただくことになりました。
4月13日(木)~18日(火)
それを記念して体験講座「タオル筆で楽しむ絵手紙」が4月13日に大崎ウエストギャラリーで行われます。
講師はタオル筆の発案者である宮脇泰彦先生です。
受講料1500円。要予約

タオル筆を使った「絵手紙パフォーマンス」も予定されています。
4月14日(金)11:00~  宮脇泰彦、北川長一郎、木口孝水 無料、予約不要です。

関東地方の方にもぜひご覧いただき、タオル筆の魅力を感じ取っていただきたいと思います。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]
by choakuta | 2017-02-22 23:44 | 情報 | Comments(4)

ギャラリー通信vol.55が出ました

a0030594_234513.gif

大崎ウエストギャラリーの発行する『ギャラリー通信vol.55』が出ました。
今回の僕の記事は「タオル筆で絵手紙を描こう!」
タオル筆で描く絵手紙コンクールの経過報告です。

来年2月に実施する「絵手紙冬の陣」の案内もいただきました。
フェスティバルが3月開催のため2月は様々な講座が実施されます。
僕も受けたいなあという講座も多くあります。
いい企画ですね。
(今回も僕の講座はありません)

a0030594_23115892.gif今日は午後から年賀状に二人とも取り組んでいます。
Aは絵手紙仲間の皆さんへは全部手書きです。えらい!
僕も住所氏名だけは、絵手紙仲間の皆さんの分は手書きです。ごめん!
少し手を加えるのでまだまだ時間がかかりそう。ふぅ~

誠実に。少しずつ。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]
by choakuta | 2016-12-22 23:18 | 情報 | Comments(0)

「ギャラリー通信」vol.54が出ました

a0030594_024242.gif

「ギャラリー通信」vol.54が届きました。
皆さんのお手元には今月末には届くかと思います。
僕は第4号から書かせていただいていますので50回目の記事ということになります。
年に6回の発行ですから8年を超える年月が経過しました。
その間に、「ふぅふぅ展」の東京、大阪での実施や香港展、『絵手紙集ソノトキソノトキキミニ逢イタシ自在独楽』の発刊と出版記念展の開催などいろいろありましたね。
僕の絵手紙人生では内容の濃い8年でした。

今回の記事は、ちょっとプライベートな内容なのですが、絵手紙を始めた頃はサラリーマン生活で辛い時期にあたっていたというお話。
僕は絵手紙に救われたのかもしれません。

今夜は昔のゴルフ仲間で放送局の友だちと食事会でした。
仕事を離れても、お付合いいただけるのはうれしいことですね。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから

全国タオル筆で描く絵てがみコンクールのサイト
[PR]
by choakuta | 2016-10-22 00:17 | 絵てがみ | Comments(0)

ギャラリー通信vol.53が出ました

a0030594_2030426.gif

大崎ウエストギャラリーが発行する『ギャラリー通信vol.53』が出ました。
皆さまのところには月末に届くかと思います。

今回の僕の記事は、”タオル筆で描く絵てがみコンクールの復活”
今年6年ぶりに復活したコンクールへの思いを書いています。
僕の家はタオル工場をやっていたものですから。
10月から募集が始まります。ご参加よろしくお願いします。
『ギャラリー通信』には募集要項も掲載されています。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
全国タオル筆で描く絵てがみコンクールについてはこちら
[PR]
by choakuta | 2016-08-21 20:48 | 情報 | Comments(0)

「ギャラリー通信vol52」が出ました

a0030594_234281.gif

大崎ウエストギャラリーが発行する「ギャラリー通信vol52」が出ました。
みなさんのお手元にも月末には届くと思います。

今回の僕の記事は「絵手紙の文字について」です。
絵手紙はよく「絵・書・ことば」の三要素で成り立つと言われているのですが、今回はあまり光の当たらない「書」について考えてみました。

文字について語られることはあまりありません。
僕もずっと悩んでいます。
今回の記事も読み直すと、どうすればいいのかについては答えを出せていません。
絵手紙の文字について考えてみるきっかけになれば幸いです。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]
by choakuta | 2016-06-22 23:17 | 情報 | Comments(0)

「ギャラリー通信」vol.51 幸せな人生

a0030594_22591977.gif

大崎ウエストギャラリーが発行する情報小冊子『ギャラリー通信』vol.51が出ました。

今回の僕の記事は「幸せな人生・三岸節子生誕110年記念展」です。
94歳で亡くなった画家三岸節子の人生は、戦前の女流画家への偏見、夫三岸好太郎の早逝と生活苦などその苦難に満ちた人生を幸せと言えるのかは、分かりません。
それでも、亡くなる直前まで絵筆を握りキャンパスに向かっていたというのは幸せな人生では、と僕は思っています。
好きな道を歩んでいく。
それが出来たら幸せな人生だと思います。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]
by choakuta | 2016-04-21 23:17 | 情報 | Comments(0)