「ほっ」と。キャンペーン

タグ:本 ( 78 ) タグの人気記事   

土の子ペンギン   

a0030594_23521668.gif
落ち込んだときは とことん休む
先日の土の子陶房の作品展で手に入れた、ちょっと不思議なペンギンさんがモデルです。
僕は落ち込みやすいのですが、そんな時は土の子さんの作品に元気をもらいます。

今日は「タオル筆で描く絵てがみコンクール」作品集の校正作業でした。
一日中目を使う作業で疲れました。最近の子供さんの名前は難しい(笑)
お疲れ様~

(ふぅふぅc)
a0030594_23533731.gif冬の読書12
小林勇 『冬青 小林勇 懐遠 娘への絵手紙』 東京堂出版

會津八一や田島隆夫の系譜、文人画絵手紙を楽しむことが出来る。
娘に宛てた絵手紙でも立派な作品と呼ぶしかないなあ。

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]

by choakuta | 2017-02-21 23:58 | 絵てがみc | Comments(0)

シクラメン・笑っていてね   


a0030594_22334228.gif

ふぅふぅAの絵手紙です。
今日Aは個人宅での絵手紙出張講座でした。そこで描いたものです。

僕は「ギャラリー通信」の原稿を書きあげました。
原稿はメールで送信するので楽なもんです。
それに4月から栄村で催される絵手紙展の案内状の原稿も書きあげ、絵手紙1枚を同封して投函。
やれやれ、今日は二つ仕事が終えることが出来ました。ふぅ~

今夜は絵手紙を描く元気なし(笑)
さ、三線弾こう♪
(ふぅふぅc)
a0030594_22351724.gif
冬の読書 10
佐野洋子、北村裕花(絵) 『ヨーコさんの”言葉”わけがわからん』 講談社
NHK Eテレの隠れた人気番組『ヨーコさんの”言葉”』の原作。第3弾
佐野洋子さんが亡くなってもう7年になります。もう少し生きていてほしかったなあ。
病気のことを書いた「2008年冬」には泣かされます。

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]

by choakuta | 2017-02-07 22:44 | 絵てがみA | Comments(0)

ガーベラ・二人でいると   

a0030594_23410605.gif
二人でいるとあったかい
ガーベラの鉢を買ってきました。
蕾がたくさんついているので、これからもどんどん咲いてくれるでしょう。

今日で1月もおしまいですね。
なんて早いんでしょう。
今日は昨日とかわりまた寒くなりました。

インフルエンザは姉のnanaちゃんが感染したようです。
hinaちゃんは元気になってきました。

読書も僕の趣味のひとつですが、会社員時代は片道1時間半の通勤時間が読書タイムでした。
今はどこで、いつ本を読むのがいいか模索中です。
以前は月10冊を目標にして読んでいたのですが、今は月5冊が精いっぱいで、読みたい本がどんどん溜まっています(笑)

a0030594_23553789.gif
 冬の読書 9
 沢木耕太郎『流星ひとつ』  新潮文庫
僕たちの世代には記憶に強く残っている歌手藤圭子。
引退表明直後に、当時まだ若手の沢木耕太郎がインタビューしたもの。
インタビューノンフィクションの傑作。
藤圭子の本音、素顔、可愛らしさがあらわになる。
この後、62歳で自殺という悲劇が待っていようとは。
ちなみに藤圭子と僕たちは同い年。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]

by choakuta | 2017-01-31 23:50 | 絵てがみc | Comments(0)

赤鬼・苦から逃げず   

a0030594_23215257.gif
苦から逃げず居座る勇気
この絵手紙は横綱稀勢の里関へ宛てたものです。
実力、体力もあるのに日本中の相撲ファンをやきもきさせ続けた稀勢の里関にイマイチ欠けるものは精神力。
どうかここ一番に強い横綱になってください。
横綱という地位は逃げたら引退ですから。

a0030594_23232965.gif冬の読書 8
八幡和郎『最終解答 日本近現代史』 PHP文庫
評価が難しい日本の近現代史に、保守でも自虐史観でもなく中立の立場から資料をひも解いていくという、ある意味勇気ある書。
最終解答ではもちろんないが納得させられる部分も多い。
ややこしい日韓の複雑な関係を明らかにする。


(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]

by choakuta | 2017-01-28 23:27 | 絵てがみc | Comments(0)

杏花春雨   

a0030594_23230542.gif
杏花春雨
3.5㎝×3.5㎝
あんずの花と春の雨。中国江南地方の春景色を言う言葉。

今日は篆刻クラブの日でした。寒い一日でしたね。
春を思いながらこの言葉を彫ってみました。

a0030594_23345869.gif冬の読書7
恩田陸 『蜜蜂と遠雷』 幻冬舎

恩田陸の直木賞受賞作。
文句なしの傑作、青春音楽小説です。
ピアノ音楽コンクールが舞台となっている。
コンクールのどろどろした裏面を描くのかと思ったら、善人ばかりの爽やかな展開。
文庫本にするときは音楽専門用語の注釈があった方がいいかも。ランランをパンダの名前と思う人もいるかもね。
クラシック音楽の知識には驚かされるし、文章による音楽の描写は秀逸だと思う。

(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]

by choakuta | 2017-01-23 23:30 | 篆刻 | Comments(0)

ねこに鯛   

a0030594_0551789.gif

おも鯛しあわせ

今日は大学時代の合唱仲間と新年会でした。
気の合う仲間と近況を語り合うのは幸せなひとときです。
Aはちょっと都合が悪くなり欠席でした。
帰ってきて、あわてて描いた一枚です。

a0030594_10445556.gif冬の読書4
さだまさし『笑って、泣いて、考えて。永六輔の尽きない話』  小学館

以前はさだましも永六輔も苦手だったが。
テレビの黎明期の話など興味ある話がいっぱい。
さだの永六輔への敬愛の念がよく伝わってくる気持ちのいい本。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]

by choakuta | 2017-01-05 01:01 | 絵てがみc | Comments(2)

僕の2016今年の漢字は?   

a0030594_23203864.gif

「愚」

僕が選んだ2016今年の漢字は「愚」
愚者、衆愚政治の愚
今年は世界中で愚かな選択が気になった年でした。
本家が選んだ「金」もなんだかなあと思うのですが、来年はもっといい漢字が選ばれる年になってほしいものです。

a0030594_23213915.gif冬の読書3
井上章一『関西人の正体』 朝日文庫

1995年に出版されたものの復刊。
内容はほとんど古びていない。
おもしろい。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]

by choakuta | 2016-12-27 23:33 | | Comments(0)

太ったにんじん・ぶれない生活   

a0030594_19204918.gif

ずんずん、ぶれない生活
こんなにんじんは描かないわけにはいきません(笑)
太ったにんじんの充実感に、生きていく上での元気をいただきます。

今日はタオル筆コンクールについてタオル組合さんと打ち合わせでした。
いろいろ難しい面もありますが、地場産業の活性化のお役にたてばいいですね。

横で、Aがせっせと年賀状を描いています。えらいな。
僕はアイデアが降りてくるのを待っているのですが。さて…

冬の読書1
鎌田實『あきらめない』 集英社文庫

著者初期の医学エッセイ集。多作の著者の最近の作品は水増しのようなものもあるが、この『あきらめない』や『がんばらない』は今も読むに耐える傑作だと思う。東日本大震災のずっと前の作品だが、日本の原発政策の無策にこの時早くも警鐘を鳴らしていた。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから
[PR]

by choakuta | 2016-12-14 19:33 | 絵てがみc | Comments(0)

篆刻作品「迎春」   

a0030594_2317921.gif

上は僕の「迎春」  約2㎝
下はAの「名前印」  約2.3㎝×2.3㎝

今日は篆刻クラブの日でした。
僕は年賀状用にちょっと鳥に見える「迎」で「迎春」の文字に梅の花を入れています。
Aの名前印は竜虎や亀や鳳凰などめでたい動物に囲まれています。
そろそろ年賀状の案を考えないといけませんねえ。

「タオル筆で描く絵てがみコンクール」の締め切りが迫っています。11月末日消印有効です。

秋の読書14 
村松友視 『北の富士流』 文藝春秋

大相撲九州場所が終わって気の抜けた大相撲ファンにおすすめの一冊。
破天荒というか人間的な魅了に満ちた北の富士のおもしろいエピソードがいっぱい。
僕はあまり強い横綱という印象を持っていなかったのだが、優勝回数は10回で、あの栃錦や初代若ノ花と同じ優勝回数だったとは意外にすごい。
(ふぅふぅc)

にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから

全国タオル筆で描く絵てがみコンクールのサイト
[PR]

by choakuta | 2016-11-28 23:26 | 篆刻 | Comments(2)

すてきな絵手紙本が出ました   

a0030594_20282188.gif絵手紙仲間のきゅうママちゃんこと吉川みかさんの素敵な絵手紙本が出ました。
きれいな印刷の見るだけで楽しくなる本です。
絵手紙を始めようという方にはぴったりの本だとおもいます。
初心者用なので吉川さんの個性的な絵手紙はやや抑え気味でしょうか。それだけ万人向き。
コラムの「絵てがみの楽しみ方」は参考になります。
ぜひ手に取ってご覧ください。

吉川みか『12カ月を彩る 絵てがみ入門』  日本文芸社 1300円(税別)
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2016-10-29 20:40 | | Comments(0)