かき・丁寧に   

a0030594_23175060.gif
丁寧に勝るものなし

柿のおいしい季節がやってきました。
毎年似たようなもんですが、今年も絵手紙のモチーフに登場してもらいことになります。

僕は絵手紙を描くことは生きることだと思っています。
生きることに迷ったとき、絵手紙を描くことに迷ったとき、僕はとにかく丁寧に誠実にあたることにしています。
100点満点は無理でも60点の及第点はなんとかなるのではないか。

「速写」が絵手紙でちょっと話題になっています。
絵手紙の線は、よく見てゆっくり丁寧に描くこと、と教わったのでどうも違和感を覚えるのですが。
僕だけですかね。

今朝は「第9回全国タオル筆で描く絵てがみコンクール」の実行委員会でした。
いよいよ10月から今回の募集が始まります。
よろしくお願いします。
(ふぅふぅc)


いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。クリックよろしく

にほんブログ村


「絵手紙遊縁地」
期間 9/22(土)~9/23(日) 予約は終了しました
会場 大崎ウエストギャラリー
「北川長一郎と土の子陶房」として出品します。展示販売

[PR]

by choakuta | 2018-09-18 23:31 | 絵てがみc | Comments(0)

<< さんま・輝く未来を 秋刀魚(さんま) >>