人気ブログランキング |

いろは字てがみ②「ろ」   

a0030594_20545555.jpg

前回の「い」は、石のイメージで書きました。
内に秘めた強い意思を感じさせる石
この「ろ」は…

喪中のごあいさつが届く季節になりましたね。
(ふぅふぅc)

by choakuta | 2006-11-11 20:55 | 文字アート | Comments(8)

Commented by kozukuk at 2006-11-11 22:40
なるほど~、前回の「い」は石だったとは…失礼致しました。
「ろ」ですか~?今回はお手上げです。(思い付いたのは音楽のロックとか六甲山とか…およそかすりもしないだろうと…)
*前々回のリンゴ、生命力ありますね!「うわー!やられたー!!」って感じです。やっぱり日々、描いてる人は説得力があると思いました。
Commented by シニア at 2006-11-11 22:40 x
味の有る 字ですね~~~!!!
タオル筆かな? 刺激を頂きました ありがとう!
Commented by ふぅふぅc at 2006-11-11 22:51 x
>こずくさん
前回どうして僕の思いを書かなかったかというと、それで見ていただく人にイメージを固定されてしまうのを恐れてでした。
あやまらないでくださいね(笑)
「犬」のほうがいいかも!家内も同意見でしたよ。

家内はリンゴを仕上げたのですが、僕のはまだ色が入りません(やれやれ…)
Commented by ふぅふぅc at 2006-11-11 23:11 x
>シニアさん
こんばんは。いつもありがとうございます。
絵手紙が描けないときは字手紙にかぎります(笑)
これはタオル筆ではないんですよ。
長鋒筆のなかでも長い筆を使っています(慣れていませんがね)
Commented by toraian at 2006-11-11 23:46 x
筆を側筆に構えて、エイ! ですね。上部の潔さと、下部の粘りが絶妙のバランス。いいですね。
ところで、先日お願いされていた、関西での前衛書家、私と同じ奎星会(けいせいかい)の牛丸好一先生(神戸市)と川邊艸笛先生(大阪府)を紹介します。私は面識はありませんが、作品はとてもいいですよ。住所等は詳しく分かりません。すみません。
Commented by ふぅふぅc at 2006-11-12 00:46 x
>toraianさん
ご紹介ありがとうございました。
僕はまったく書道の知識が無いので、あまりまともに評価しないでくださいね。
素人の落書きだと自認しています(笑)
なにせ、側筆、えっ??てなもんですから(大笑)
Commented by 老羊 at 2006-11-12 10:18 x
昨日、季節の便りを出したところでしたが、ふぅふぅさんから書き込みをいただきました。

色々な絵手紙感があると思いますし、僕の想いが伝われば嬉しいです。
聞くところによると、今、学校などで「手紙を書くこと」を取り入れているらしいですが、書くことは表現力を養いますし、漢字も覚えられるからだそうです。
そんなこととは直接関係はありませんが、手書きの手紙はぬくもりがあります。
多くの人がそのことを発見してくれたら嬉しいですね。

それにしても、ふぅふぅさんの筆による一文字、素晴らしいの一言です。
Commented by ふぅふぅc at 2006-11-12 17:28 x
>老羊さん
そうでしたか。届くのがたのしみです。
いつもありがとうございます。
うちの家内もボランティアですが、学校でタオルで描く絵手紙を教えています。
子供に教えるだけでなく、教えられることも多いようですよ。

<< 来年の年賀状・不採用 安川眞慈彩画展ー夢に向かって >>