わたしのぼたん   

a0030594_1105196.jpg

連休に、娘の家族と行った由志園(松江)のぼたんは
大切に育てられていて
重たそうなほど立派な花が、色とりどり咲いていました
花の命は短くてと言いますが
ぼたんの花も、わぁきれいと思っているうちに、描いておかないと・・・
そういう私は、何をするのも、タッチアウトって感じ

(ふぅふぅA)

# by choakuta | 2004-05-10 16:53 | 絵てがみA | Comments(0)

バンダナをしたココ   

今日は朝から雨の京都へ出かけ、さっき帰ってきました。
デートなんかじゃなくて
年1回の大学のクラブのOBOG会役員会です。
終わった後に現役(娘より若い)との飲み会もあって疲れました。

という訳でココは一日中お留守番
このバンダナ似合うかなぁ

(ふぅふぅc)

# by choakuta | 2004-05-09 16:51 | ココ | Comments(0)

つつじ   

a0030594_183157.jpgつつじとさつきの区別がつかない。

うちの庭ではつつじの季節が終わり
さつきの花が咲き始めましたよ。

なべちゃんのこと思って描きました。
なべちゃん、29日の会、旅行と重なっちゃった。
残念

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-05-08 16:50 | 絵てがみc | Comments(0)

タンポポ   

a0030594_1122658.jpg年の中で今の季節が一番好き。
そして花の中で一番好きなのが
あぜ道などに勝手に咲いている、たんぽぽ
幼児体験かなあ。

今年はたんぽぽを描いていなかった。
これは去年のたんぽぽ。

(ふぅふぅc)

# by choakuta | 2004-05-07 16:46 | 絵てがみc | Comments(0)

ぼたん   

a0030594_11201293.jpg

今年は例年になく、ボタンの花にたくさん出会いました。
これも絵手紙のおかげですね。
これは奈良・石光寺のぼたんです。
出雲の大根島からふぅふぅAが抱えて持って帰ってきた黄色いぼたんも花がひらき始めましたよ。

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-05-06 16:45 | 絵てがみc | Comments(0)

シャガ   

a0030594_11174133.jpg

QPちゃん
心配だろうけど手術がんばってください。
きっと大丈夫ですよ
私は中学の頃に膠原病を発病してもう40年、
この病気とお付き合いしてきました。
あきらめていたら、私は10代で存在していないかもしれません。
絵手紙とも出会えなかったですしね。

QPちゃんの病気、大げさに書きすぎました。
ごめんなさい。誤解のありませんように。

(ふぅふぅA)

# by choakuta | 2004-05-05 16:44 | 絵てがみA | Comments(0)

松江・宍道湖   

今日は出雲の旅の最終日。
早朝から強い風と雨でどうなる事やらと思ったのですが
雨も小雨となり予定通り、宍道湖湖畔にあるルイス・C・ティファニー美術館にでかけました。
よく手入れの出来た庭園とランプなどの装飾品のコレクションはきれいでしたが、2000円は高いなあ。
お昼に、すぐ近くにある「大はかや」さんといううなぎやさんで食べたうなぎ丼は絶品でした。二段もりで1700円
宍道湖の捕りたてのうなぎを炭火で焼いて、なんともいえない焼け具合。香ばしくて…

予定通り14:30分発の伊丹行きで無事に帰ってきました。
ココも元気に待っていてくれましたよ。
そのうちに絵手紙に差し替えます。

# by choakuta | 2004-05-04 16:43 | 日記 | Comments(0)

松江堀川めぐり   

今日は天気予報は雨だったのですが、時々薄日も射すまあまあの天気。
朝からは松江市内から約1時間の大根島(今は地続きです)にでかけました。僕は全く知りませんでしたが、12万年前に海底火山の噴火でできたというこの島は日本でも有数の朝鮮人参の産地で、またボタンの生産が日本一なんだそうです。
由志園のボタンはそりゃ見事。ふぅふぅAは探していた黄色いボタンの苗を手に入れて抱えて持って帰りました。そのうちに、絵手紙になるはずです。お楽しみに

昼からは水の都といわれる松江の堀川めぐりに、遊覧船に乗り込みました。1200円。
松江城のまわりを約45分の遊覧は低い視線からの観光が新鮮。僕たちの船の船頭さんは女性でしたよ。

松江の町は古くて小さくて、ちょっと観光ルートから外れると人影が少なくなります。

# by choakuta | 2004-05-03 16:41 | 日記 | Comments(0)

出雲大社   

今日は朝からご主人様たちの様子が変
なんか僕まで変な気持ち
すねてみようかなあ
(ココ)

もうすぐしたらココをペットホテルに
連れて行きます。
ごめんね。
しばらく、我慢して、いい子でいてね
(ふぅふぅA)

娘夫婦が今住んでいる松江に、孫の顔見たさに夫婦で出かけることにしました。

伊丹発13:10分発の日本エアーコミューターは74人のりの、なかなかキュートで可愛いQ400という飛行機。そのうち絵手紙に描きます。(つもり)
約50分の空の旅はあっという間に出雲空港に到着。

初日は孫と一緒に出雲大社へ。
古代日本の中心であつたところですから、一度は行ってみたかったのです。
手塚治虫「火の鳥」にもでてきます。
ここはやはりでかいだけじゃなくて、なんか違う。感じるものがあります。
裏日本という呼び方が間違いなのは当たり前ですね。
スケッチできたらいいのですが。
(ふぅふぅc)

# by choakuta | 2004-05-02 16:36 | 日記 | Comments(0)

トーテムポール   

a0030594_2284869.jpg先日写生に行った大仙公園のトーテムポールは
少しくたびれていて色はほとんど退色していたんだけど
こんな作品ができました。
水溶性クレヨンで描いたのですが
紙の選択を間違ったようで
思ったような効果があがってませんね。

このBlogなどのようなPCや携帯電話の普及ですごく便利な世の中になりました。
以前よりコミュニケーションが取れるようになったという話も聞きます。
でも、やっぱり直接会って、目を見ながら話をすると、誤解もないし、話さなくても気持ちが通ずるものですよね。

ということで、今日は新川家のM先生ところと、泉佐野商店街の絵手紙の展示を見て、インテックスまでひとっ走りして山路智恵絵手紙展の大きな作品の迫力に感動して、明日からは4日まで出雲の孫の顔を見にいってきます。

(ふぅふぅc)



# by choakuta | 2004-05-01 22:04 | 絵てがみc | Comments(0)

きゅうりの花   

a0030594_16593934.jpg四月のはじめにきゅうりの苗を一本買いました
初めて黄色の花を見つけたとき、そしてその後ろにちっちゃなちっちゃなきゅうりを見つけたとき、感動でした
この感動を描いておかなくっちゃ
初めて収穫した日に、また感動が味わえる

(ふぅふぅA)

# by choakuta | 2004-04-30 16:44 | 絵てがみA | Comments(0)

大仙公園   

a0030594_1722714.jpgお天気に恵まれて、熊取公民館絵手紙クラブの仲間たちと堺市にある大仙公園へ写生会にでかけました。
これはシンボルの百舌鳥の鐘(正式な名前を聞き漏らしました)
四月から人数が増えて昼と夜の部に別れたので親睦会も兼ねています。
先生方、幹事の皆さまありがとうございました。

(ふぅふぅC)

忙しくて楽しいGWの始まりです。
明日はしごとに出ますが。

今日は大仙公園で写生会(Blog見てください)の後、大仙陵を半周して南海の三国ヶ丘駅から難波に出ました。
難波の高島屋で昨日から催されている「小林牧牛の陶人形展」。のこたんのご紹介です。会場ではご本人が声をかけてくださいました。
土の素朴な質感で、独特の表情をもった作品は強烈な印象が残ります。
作品には手がでなかったのですが、「なんとかなるさあきらめず」という本にサインをいただき買って帰りました。

それから心斎橋まででて、楽しみにしていた「ムーミン谷の素敵な仲間たち展」へ。作者トーベ・ヤンソンのムーミン以外の油絵や風刺がもたくさん展示されてあり、楽しめる充実した展覧会に満足しました。なかなか個性の強い、一筋縄ではいかない人です。ほんわかムーミンの裏にシニカルな目が光っています。ここでも僕は「ムーミン谷の名言集」というおもしろそうな本をを購入。

たくさんムーミングッズを買って、ふぅふぅAも大満足です。

# by choakuta | 2004-04-29 16:41 | 絵てがみc | Comments(0)

ガザニア   

a0030594_1742813.jpgいたるところで花が溢れる美しい季節になりました。
明日の休日、私たち熊取公民館絵手紙クラブでは、堺市にある大仙公園に写生に出かけます。
あまり絵手紙で写生はしないのですが、
どんな作品ができるか楽しみです。

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-28 16:40 | 絵てがみc | Comments(0)

泉佐野商店街GWイベント・ラベンダー   

もう一枚の色紙にはラベンダーを書きました。
ラベンダーの花弁?が
奇妙で不思議な感覚です。
ラベンダーの香りをかぐと
タイムスリップする筒井康隆の「時をかける少女」を思い出します。

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-27 16:38 | 絵てがみc | Comments(0)

泉佐野商店街GWイベント・眼鏡屋さん   

うちのわんちゃんに、めがねをかけてみました
実際はいやがって、かけさてくれませんでしたが
でもかわいいでしょ
もとがいいから親バカです
<ココの親友さん>気に入っていただけましたか

(ふぅふぅA)

# by choakuta | 2004-04-26 16:34 | 絵てがみA | Comments(0)

泉佐野商店街GWイベント   

4月29日から5月5日まで、泉佐野市の商店街のイベントで絵手紙の展示があります。
僕たちもM先生から頼まれて安請け合いをしてしまい、苦労しながらなんとか大きな色紙を2枚書きました。
僕の担当は喫茶店で、そのお店には申し訳ないのですが、この作品が期間中そのお店で飾られるはずです。
絵手紙を見ながら商店街をぶらぶらするのも楽しいかもしれませんね。

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-26 16:32 | 絵てがみc | Comments(0)

今週のココ   

今日はご主人様たちはお出かけ(日記参照)

帰ってきてからは
明日締め切りの大きな色紙を
描いていて、ちっとも僕の
相手をしてくれないんだよ

# by choakuta | 2004-04-24 16:29 | ココ | Comments(0)

アイビーゼラニウム   

今日、ハンドベルをいっしょに楽しんでいるお友達に、お庭で咲いたお花で作った、花束をいただきました
お友達のお花に対する愛情や、やさしさが束ねられていて、本当にうれしかった


(ふぅふぅA)

# by choakuta | 2004-04-23 16:27 | 絵てがみA | Comments(0)

音楽する少女2   

a0030594_1775133.jpg娘は昨日から大阪城ホールのコンサートで弾いている。
ロック歌手のバックでツアー中らしい。
大阪だというのに、家には戻ってこない(来れない)。
それでいいんだと思う。
自分の道を模索しているのだろう。

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-22 16:25 | 絵てがみc | Comments(0)

ムーミン展   

a0030594_1762753.jpg
もうすでにご存知かもしれませんが、今日から大阪・心斎橋の大丸でトーベ・ヤンソン「ムーミン谷の素敵な仲間たち展」が始まりました。
5月3日(火・休)まで本館7階の大丸ミュージアムです。入場料は800円。
僕たちもいきますよ


(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-21 16:22 | 情報 | Comments(0)

ぼたん桜   

a0030594_16463024.jpg花の名前にいたって弱い僕たちには
この桜はソメイヨシノではないというのが
わかるだけで、ぼたん桜か八重桜か

土曜日に奈良の當麻の里でであった、つくりもののような、美しい今年最後の桜です。
また来年。きっと出会いましょう

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-20 16:10 | 絵てがみc | Comments(0)

わけぎ   

a0030594_164413100.jpg
陶芸の先生の回顧展が昨日終わりました
先生の作品に触れると暖かさが伝わってきました
もう一度土をこねてみたい、先生と・・・

(ふぅふぅA)

# by choakuta | 2004-04-19 16:07 | 絵てがみA | Comments(0)

アイビーゼラニウム   

a0030594_17272611.jpg私たちの通っている熊取公民館絵手紙クラブでは毎月お誕生月の人にお祝いの絵手紙を送ることになっている。
20人以上の人からお祝いの絵手紙をいただけるのはとてもうれしい
けれどお返事を書くのもまた大変です。
やっと4月の人に送る絵手紙ができました。同じのを3枚も描くのはなかなかしんどいよ。

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-18 16:06 | 絵てがみc | Comments(0)

奈良・当麻寺   

いつもの我が家らしく、
あまりによい天気なので、急に思い立って
奈良まで出かけて来ました。
長谷寺の牡丹には少し早いみたいなので
長谷寺よりは早く咲く石光寺から当麻の里のハイキングです。
石光寺の牡丹はなかなか見事でした。デジカメに撮ってきたので、そのうち描いてみようと思います。

當麻寺はあまり知らなかったのですが、なかなか立派なお寺で二つの三重塔があります。
うんと昔、水間寺の写生大会で五重塔を描いて賞をもらったのを思い出しました。もうはるか昔です。

# by choakuta | 2004-04-17 16:04 | 日記 | Comments(0)

先週のココ・りんくうタウン   

日記にも書いたのですがデジカメの画像をパソコンに取り込めなくなってこの一週間悩んでいました
ところがデジカメのメーカーに問い合わせたらあっさりと解決おたくはMEですか?と手品のような解答。どうもキャノンのデジカメとウィンドウズMEの組み合わせで発生するトラブルのようでした。

それでこれは先週のココ
私たちの住む熊取町は関西空港の対岸、泉佐野市の東側にあります。
ここはりんくうタウンという公園。遠くに関空が写っているのですが、みえるかな

(ふぅふぅc)

# by choakuta | 2004-04-17 16:02 | ココ | Comments(0)

ウルトトラマン   

a0030594_1642599.jpgウルトラマンは不思議なキャラクターだね。
つぎつぎと主人公が世代交代していく。
僕が知っているのは「セブン」まででその後はもう名前も知らなかったりする。
一話完結で毎回異なったキャラクターの怪獣、珍獣がでてきた「ウルトラQ」が一番好きだなあ(知ってますか?)

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-16 16:00 | 絵てがみc | Comments(0)

ゴム印づくり   

今夜は熊取絵手紙クラブの教室の日。
苦手なゴム印づくりをやってきました。
上がふぅふぅAの作品。
下がふぅふぅCの作品。

思うに年のせいか、細かいところが見えていないんですよね。


(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-15 15:58 | 日記 | Comments(0)

加守田貞三回顧展   

a0030594_16401425.jpg3年ほど前に、惜しくも60過ぎで急逝した岸和田市の住人で陶芸作家加守田貞三さんの回顧展が岸和田市立自泉会館で今日から18日(日)まで催されています。
伝統的な中に斬新で個性的な作風は円熟期のさなかにあっただけに、その早すぎる死は惜しまれてなりません。お兄さんの加守田章二氏も著名な陶芸家でした。

繊細な作品に似合わない、ざっくばらんな人柄で多くの陶芸を学ぶ人に慕われていました。
ふぅふぅAもその教室に学んだひとりです。

泉州にお住まいの方はぜひご覧になってください。無料です
(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-14 15:56 | Comments(0)

水なす   

a0030594_16363636.jpg
<水なす>の季節になりました。
小さい頃から大好きで、食べ過ぎるとデンボが出来ると親から制限されましたが、今みたいに高くなくて、おやつがわりに丸かじりしたものです。

この<水なす>は去年の作品。
この頃からやっと絵手紙に興味をもちだしてきました。
まだ1年位なんですね、ちゃんと描きだして

泉州ではなすの古漬けから、<じゃこごうこ>という料理を作ります。
これがまたうまいのですが、きれいな色じゃなくて絵手紙に書くには向いてません。

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-13 15:55 | 絵てがみc | Comments(0)

クレーの詩   

絵画と詩との好きな人なら、(絵本の好きな人も)多分知っているパウル・クレーの絵に谷川俊太郎が詩をつけた「クレーの絵本」「クレーの天使」という名作があります。
僕も大好きでプレゼントしたりしているんですが、クレーファンの共通(かな?)の夢に、クレー自身が詩をつけた作品は無いのだろうか、というのがありました。

今回その永年の夢が実現した本が出ました。
「クレーの詩」訳・高橋文子 平凡社コロナブックス1600円

もちろん編集ですから絵と詩が同時に書かれた訳ではありません。詩はほとんど青年時代の作品です。
でも、なにしろクレー自身の詩です。感じるものは大きいです。
(感想はあえて書きません)
出たばかりですので容易に手にする事が出来ると思います。ぜひ一度ごらん下さい。

僕は絵手紙は絵と詩(ことば)が共存して溶け合った素晴らしい表現形式だと思います。まだまだ可能性を秘めているものだと思います。

(ふぅふぅC)

# by choakuta | 2004-04-12 15:53 | | Comments(0)