人気ブログランキング |

タグ:土の子 ( 228 ) タグの人気記事

土の神様・分け隔てのない愛_a0030594_22550749.jpg
分け隔てのない愛を
今日は朝から土の子陶房も出店している水間寺の招福市場へ。
この土の神様をわが家へお連れしました。
また先日から飾られている水間厄除け街道の厄除け十六童子像を見てきました。

昼からはMasashiくんに会いに孫のnanaちゃんとhinaちゃんがやってきました。
hinaちゃんがこんなメッセージを書きましたよ。

土の神様・分け隔てのない愛_a0030594_22554763.jpg
こんな孫たちに囲まれて僕たちは幸せです。
(ふぅふぅc)


いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
見たよ、のクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-10-18 23:07 | 絵てがみc | Comments(0)

土偶・好奇心を

土偶・好奇心を_a0030594_20234521.jpg
好奇心を燃やす

タオル筆でコンクールの大きさの紙(35×70㎝)に土の子陶房の土偶を描いてみました。
10月から応募受付期間が始まります。
今回のテーマは”明るく楽しい毎日を”
たくさんの皆さんのご応募をお待ちしています。

募集チラシのなかで問合せ先のFAX番号が変更になっています。ご注意ください。
072-469-5673
事務局・泉州佐野にぎわい本舗

明後日(9/23)はホルベイン画材ワークショップ「楽しい絵手紙」です。
今回はタオル筆をします。

4連休、今日は孫たちが遊びに来ました。
みんなで一緒にお絵かきをしましたよ。
(ふぅふぅc)

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
秋が好きならクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-09-21 20:45 | 絵てがみc | Comments(0)

水間寺厄除け街道

水間寺厄除け街道_a0030594_22172396.jpg
水間寺厄除け街道へいらっしゃい
この土の子の作品はタイトル不詳です。
彩色は堀池さんの彩煙墨でやってみました。
彩煙墨は混色が可能なので微妙な色合いが出ますが、まだまだいろいろ試行錯誤やってみなくちゃね。

今日、土の子陶房のマネージャーさんが出来立ての「水間寺厄除け街道案内」を持ってきてくれました。
水間鉄道の水間駅から水間寺までの厄除け街道に土の子陶房の厄除け十六童子と脇導師が設置されました。
今日が除幕式だったそうです。


水間寺厄除け街道_a0030594_22181308.jpg
水間寺厄除け街道_a0030594_22183839.jpg
水間駅から15分ほどの散歩道です。皆さん一緒に歩きましょう。
話題になるといいですね。
(ふぅふぅc)

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
秋が好きならクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-09-17 22:34 | 絵てがみc | Comments(0)

土の子の立像

土の子の立像_a0030594_22394914.jpg
素のままで
土の子陶房の水間寺でのイベントで連れて帰ってきた立像です。
昔の作品を発掘してきたものなので作品名はわかりません。
全体はまた後日、大きな紙に描くことにしましょう。
彩色は堀池さんの彩煙墨を使用。

今日から9月に入りました。
今日も厳しい残暑でしたが、4時ごろから30分ほど雷雨があり、少ししのぎやすくなりました。

九州に台風が近づいています。
どうか被害がありませんように。
(ふぅふぅc)

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
見たよ、のしるしにクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-09-01 22:48 | 絵てがみc | Comments(0)

平和を祈る

平和を祈る_a0030594_22354894.jpg
平和を祈る
今日は75回目の終戦の日でした。
僕が生まれたのは昭和26年ですからたった6年前のことになります。
僕たちが子供のころは傷痍軍人とか戦争の匂いのようなものがまだあちこちで残っていました。
僕の通っていた高校の古い校舎の屋上には銃弾の跡が残っていました。
愛する家族のために孫たちのためにも、悲惨な戦争だけはなんとしても避けなければなりません。
今日も暑い暑い一日でした。

モデルは土の子陶房の「お願い人形」です。
(ふぅふぅc)

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
見たよ、のしるしにクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-08-15 22:44 | 絵てがみc | Comments(0)

土の子・裸一貫

土の子・裸一貫_a0030594_22244601.jpg
裸一貫 やり直す
今からもう15年以上も前、初めて土の子陶房の作品に出会った時に買わせていただいたものです。
衝撃的な出会いでした。
作品名は不詳ですが、この作者の作品は最近見かけないような?
久しぶりに描いてみました。

今日は広島に原爆が投下されて75年目の「原爆の日」でした。
二度と悲劇を繰り返さないようにしたい、日本人にとって大切な日です。
(ふぅふぅc)

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
見たよ、のしるしにクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-08-06 22:36 | 絵てがみc | Comments(0)

カッパ・明日は

カッパ・明日は_a0030594_22260233.jpg
明日は佳き日になるだろう
土の子のカッパを描いてみました。
今日も雨が降ったり止んだりのうっとおしい一日でした。
カッパさんは喜んでいるのかな。
いいかげん晴れた日が戻って来てほしいですね。
東北地方は豪雨予報とか。ご注意ください。

(ふぅふぅc)
夏の読書 15
清水義範 『夫婦で行く東南アジアの国々』 集英社文庫
コロナ禍で旅行に行けないので無性に旅行記が読みたくなる。
かつて名古屋ものなどのユーモアあふれる小説で一世を風靡した著者だけに、楽しい旅行記を期待したが残念ながら期待外れの一冊。
たんなる旅行ガイドにすぎない。

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
見たよ、のしるしにクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-07-27 22:32 | 絵てがみc | Comments(0)
土の子の妖怪「件(くだん)」_a0030594_22152501.jpg
当病平癒
土の子陶房の妖怪シリーズ、「神社姫」に続いて「件(くだん)」です。
日本全国にはいろんな妖怪がいるんですね。
件は半人半牛の妖怪で、19世紀ごろから日本全国で知られているようです。
土の子さんの妖怪はかわいい!
その絵はアマビエと同じように、厄除け招福の護符になると伝えられています。

コロナウイルスの感染者は全国で新たに933人の感染者が確認されたそうです。
もう「go toキャンペーン」やらで呑気に構えているような事態ではないと思うのですが。
なんだか日本が心配です。

(ふぅふぅc)
夏の読書 13
白洲正子 『ほんもの -白洲次郎のことなど』 新潮文庫
再評価の続く白洲次郎について妻の白洲正子が語る随筆集。
なかなかユニークな夫婦であったようだ。
戦前、戦後の著名な人物小林秀雄や吉田健一、青山二郎、洲之内徹などの赤裸々な人物像も興味深い。

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
見たよ、のしるしにクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-07-23 22:31 | 絵てがみc | Comments(0)

土の子の神社姫

土の子の神社姫_a0030594_23172763.jpg
疫病退散
今日は貝塚にある水間寺の「開運招福市場」へ行ってきました。
土の子陶房のブースで、土の子の作った妖怪神社姫を見つけましたよ。
アマビエもありました。

神社姫は江戸時代に肥前の国に現れた2本の角と人の顔を持つ魚のような妖怪です。
コレラの流行を予言し、妖怪アマビエと同じように、その姿の写し絵を見ると難を逃れるとされたそう。

コロナウイルスの感染が増加しています。
夜にあった区議員時代の仲間の会合でも、恒例の秋の旅行がコロナの予防のため中止となりました。
(ふぅふぅc)


いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
見たよ、のしるしにクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-07-18 23:29 | 絵てがみc | Comments(0)

シーサー・天変地異

シーサー・天変地異_a0030594_22182937.jpg
天変地異
土の子陶房のシーサーです。
いま地球には大きな天変地異が起こっています。
新型コロナウイルスの感染者が全世界で1000万人!!をこえたそうです。
どうかシーサーさん地球を人類を守ってください。

(ふぅふぅc)

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。
見たよ、のしるしにクリックよろしくお願いします

にほんブログ村


by choakuta | 2020-06-28 22:29 | 絵てがみc | Comments(2)

季節の移り変わりとともに夫婦で絵手紙を楽しんでいます。毎日の絵手紙は僕たちの人生そのものです。夫(ふぅふぅC)妻(ふぅふぅA)


by choakuta