人気ブログランキング |

タグ:篆刻 ( 47 ) タグの人気記事   

困った赤鬼と青鬼   

a0030594_23300396.gif
困ッタトキハ、タスケアオウネ
各地で大雨の被害が出ているようです。
どうか万全の注意を払ってくださいね。
困ったときはお互い様です。

今朝は公民館で展示中の篆刻クラブの作品を入れ替えてきました。
右のが僕の作品です。

a0030594_23305247.gif
(ふぅふぅc)

a0030594_23302677.gif

夏の読書 7
山崎ナオコーラ 『趣味で腹いっぱい』 河出書房新社

新進だと思っていた山崎ナオコーラさんはもうデビュー15年なんだ。
15周年記念作品だが、ほんわかと肩の力が抜けた作品。
絵手紙が趣味の代表のようになっていて絵手紙ファンは注目してほしい。

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。クリックよろしく

にほんブログ村


by choakuta | 2019-07-03 23:35 | 絵てがみc | Comments(0)

神父さん・いつも笑顔で   

a0030594_23171442.gif
いつも笑顔でいなさい

今回の旅行で印象に残ったのは平戸の町でした。
世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のうち平戸市には2つの遺産が登録されています。
教会も多く独特の町の雰囲気を感じましたが、観光地にしては人通りも少なく町は眠っています。
平戸は寅さんの「男はつらいよ」の撮影地でしたね。
高倉健さんの遺作映画「あなたへ」のロケ地でもありました。
あの映画では絵手紙が重要なファクターでした。
ツアーだったので、そのロケ地へは行っていません。京子さんご夫婦なら行ったでしょうね。



a0030594_23221056.gif
仏教のお寺と教会が共存しています。
残念ながら奥に見える平戸ザビエル記念教会は工事中でした。

a0030594_23223670.gif
今日は熊取町公民館で篆刻クラブのロビー展示をしてきました。
途中に入れ替えをして7/27までです。
僕の作品は来月に予定しています。

(ふぅふぅc)



いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。クリックよろしく

にほんブログ村


by choakuta | 2019-06-19 23:35 | 絵てがみc | Comments(2)

穆如清風   

a0030594_22500324.gif
穆如清風
篆刻作品 45×45mm

穆(ぼく)たるは清風の如し。
やわらいで、さわやかな風のようである。
人物などのおだやかなさま。

今日は篆刻クラブの日でした。
先日から彫っていた細い朱文の作品が完成しました。

(ふぅふぅc)

a0030594_22595048.gif

「第9回全国タオル筆で描く絵てがみコンクール」東京展が、いよいよ明日16日(火)までです。
本当に厳選された力作揃いです。
お見逃しなく!






いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。タオル筆記念にクリックよろしく

にほんブログ村


by choakuta | 2019-04-15 22:57 | 篆刻 | Comments(0)

だるまさんがころんだ えへっ   

a0030594_22583647.gif
だるまさんがころんだ えへっ

下の孫のhinaちゃんも、じゃがいもをくり抜いて、だるまさんを作りました。
横に捺したので、どうするのかなと思っていたら、ころんでいるのだそうです(笑)
えへっ、がかわいい!
hinaちゃん6歳、おちびちゃんですが4月からピカピカの一年生です。 

a0030594_22592481.gif
「雲中白鶴」 4.5センチ×4.5センチ
今日は篆刻クラブの日でした。
細かいところに味付けをしてやっと「雲中白鶴」が完成しました。

上信電鉄の絵手紙列車に乗車するために、絵手紙をなんとか送りました。
2/28着が締め切りです。皆さん、お忘れなく。
詳しくは、きゅうママさんや新洋亭のかず子ママさんのブログまで。
(ふぅふぅc)


a0030594_23001786.gif
冬の読書 17
太田省一 『紅白歌合戦と日本人』 筑摩選書


国民的テレビ番組を社会学的視点から切り込む、350ページ渾身の大作。
ちょっと考えすぎにも思うのだけど(笑)
美空ひばりの扱い、歌謡曲の衰退、美輪明宏「ヨイトマケの唄」
紅白は安住の地か。
芸能本ではないので、お間違えなく。



いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。クリックよろしく

にほんブログ村


by choakuta | 2019-02-25 23:12 | 絵てがみ | Comments(0)

雲中白鶴   

a0030594_21381337.gif
雲中白鶴
読み 雲中(うんちゅう)の白鶴(はくかく)
意味 雲の中の鶴。品格が高潔で、志向が高遠な人のたとえ
4.5センチ×4.5センチ

今日は今年初めての篆刻クラブの日でした。
「雲中白鶴」と彫りました。
僕には珍しく、上級のギザギザの線を意識して彫ってみました。
もう少し味付けして出来上がりです。

昨日の靴はまだ連絡がありません。
残念ながら戻ってくるのは難しいようです。

稀勢の里は見苦しいので潔く引退したほうがいいね。
横綱の権威にかかわります。
(ふぅふぅc)

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。クリックよろしく

にほんブログ村


by choakuta | 2019-01-14 21:50 | 篆刻 | Comments(0)

熊取町民文化祭篆刻作品   

a0030594_21032041.gif
天禄永昌
意味は、「天から授かる幸福は永久に絶えなく、盛んである」
ふぅふぅAの篆刻作品です。
バックの模様は硯を拓に取ったものを使っています。

a0030594_21034901.gif
曾經滄海
意味は、「かつて大海原であったこと。世の中の移り変わりが激しいこと」
僕の篆刻作品です。
半紙大の紙に約7センチの大きな印を捺しています。

今日で「熊取町民文化祭」が終わりました。
作品作りには長い時間がかかりましたが撤去作業はあっという間です(笑)

(ふぅふぅc)

a0030594_22182560.gif

「明治近代化産業遺産を描く全国絵手紙公募展」
締切間近です。応募締切11/15(木)

絵手紙仲間の新洋亭のおかみさんからSOSが。
応募がまだ少ないそうです。
みなさんご協力をお願いします。

応募要項






いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。クリックよろしく

にほんブログ村


by choakuta | 2018-11-04 21:22 | 篆刻 | Comments(0)

篆刻作品「曾經滄海」   

a0030594_20444438.gif
「曾經滄海」
曾径(かつ)て滄海(そうかい)なり。
かつて大海原であったこと。世の中の移り変わりが激しいこと

今日は休日ですが、篆刻クラブの日でした。
秋の文化祭用の大きな作品(7.5センチ×7.5センチ)が完成しました。
あとは半紙に署名して、裏打ちした後で額装します。

「絵手紙遊縁地」の精算をしました。全額土の子陶房さんにお渡しします。
障がい者の支援活動に役立つと思います。
ご支援、ご協力ありがとうございました。

(ふぅふぅc)

いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。クリックよろしく

にほんブログ村


by choakuta | 2018-09-24 20:59 | 篆刻 | Comments(0)

美意延年   

a0030594_23061853.gif
美意延年
美意は年を延ばす。 (荀子)
心を楽しませ、楽観していれば、長生きする、という意味。

今日は篆刻クラブの日でした。
今年最初に完成したのがこの作品です。
2.5㎝×2.5㎝

関東地方は大雪のようです。
転倒などに十分ご注意ください。
(ふぅふぅc)



にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから

by choakuta | 2018-01-22 23:13 | 篆刻 | Comments(0)

犬の篆刻作品   

a0030594_23540321.gif
今日は今年最後の篆刻クラブの日でした。
上は僕の作品。下はAの作品です。
3センチ×3センチ

どちらももう少しきれいに掃除をしなくてはいけません。

(ふぅふぅc)


にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから

by choakuta | 2017-12-25 23:56 | 篆刻 | Comments(0)

熊取文化祭・篆刻作品   

a0030594_23513622.gif
和光同塵
風嬌雨秀 

熊取町文化祭に参加した篆刻作品です。
「和光同塵」は僕の作品。7.5cm×7.5cm
「風嬌雨秀」はAの作品 7.5cm×7.5cm

展示は今日までだったのですが、撤去は任せて僕は朝から京都へ。
今日は同志社学生混声合唱団CCDの創立70周年記念演奏会「天地創造」の練習、OB・OG会の総会、創立70周年のレセプションでした。
久しぶりの同期生や先輩、後輩にお会いすることができました。
先ほど帰ってきました。
皆さんお元気で!またお会いしましょう。
(ふぅふぅc)

a0030594_00125144.gif



にほんブログ村 ←いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから

by choakuta | 2017-11-05 23:54 | 篆刻 | Comments(0)