タグ:高取英 ( 1 ) タグの人気記事   

<訃報>スポーツマン金太郎・その人の名前は高取英   

小学校時代の、僕の生涯最初の親友だった高取英ことSくん(本名非公開)が亡くなった。
劇団をやってたのでサブカル界では結構有名人だったみたい。著書多数
1月生まれだったので66歳。若すぎる!辛いな、合掌

以下は7年前の再会後のブログの記事です。

このブログで小学生時代の親友と52年ぶりの再会、と紹介したところ反響が大きかった。
彼の名前は高取 英
寺山修司のスタッフとして活躍し現在「月蝕歌劇団」の代表で脚本家、演出家、マンガ編集者、マンガ評論家という多彩な顔を持ち、京都精華大学マンガ学部の教授でもある。

a0030594_21154757.jpg彼の方は僕に連絡を取ろうと何度か試みてくれていたらしい。お互い学生時代に詩を書いていたので同じ詩の雑誌に掲載されていたこともあるとか。
僕もずっと気になっていたものの、なにせ小学校1年と2年のほぼ2年間だけであったのでもう忘れているだろうなぁ~とあきらめ何も行動を起こせないでいた。

大崎のギャラリーに彼は著書を3冊持って現れた。(著書は20冊くらいあるらしい。うっ、負けた!)
お互いに署名して本を交換したのだが、そのうちの『少年マンガ画報』にある「スポーツマン金太郎」の章を読めという。そこには…

”小学校の頃、寺田ヒロオの「スポーツマン金太郎」に夢中だった。
熊取小学校2年の時、北川長一郎君の家によく遊びに行った。彼は『冒険王』や『ぼくら』『少年画報』を定期購読していて、それをよく読んだ。(中略)
 
 金太郎は巨人に入団し、桃太郎は西鉄ライオンズに入団し、活躍する物語だ。仲良しでライバル。僕はこれを読みながら、良い子で優等生の桃太郎に北川君を発見し、ワンパクでおっちょこちょいの金太郎に自分を発見した。(中略)

 僕は『少年サンデー』を定期購読するようになっていた。北川君と対決することはなかったが、○○君とは別れていった。
「スポーツマン金太郎」を読むと、小学校時代の友だちとの交流がよみがえる。”
高取英『少年マンガ画報』 1993年 ファラオ企画

実名で掲載されていたんですね(笑)
2年ほど前に僕も「スポーツマン金太郎」の絵手紙を描いていました。つながっていたようです。
(ふぅふぅc)
[PR]

by choakuta | 2018-11-29 18:13 | 絵てがみc | Comments(8)